« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・医師不足対策費7割増、厚労省が160億円予算要求(20070823) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ担当の2部長更迭、社保庁が引責人事(20070823) »

2007.08.24

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ、対策システム開発には13億円も(20070823)

年金記録漏れ、対策システム開発には13億円も 2007/ 8/23 YOMIURI ONLINE

 年金記録漏れ問題対策で、政府が新たに開発するシステムの契約額が約13億円に上ることがわかった。
 社会保険庁が23日、総務省の「年金業務・社保庁監視等委員会」(委員長・葛西敬之JR東海会長)の会合で予定額を示した。開発業者は日立製作所とNTTデータで、8月末に契約予定。
 【関連記事】「浮いた年金問題、処理費は資産売却し捻出 社保庁 2007/ 8/21 asahi.com」 / 「社保庁、年金漏れ後始末に巨費…新システム導入に疑問の声 2007/ 8/ 9 YOMIURI ONLINE」 / 「社保庁の新年金システム、複数社に分割発注 2007/ 7/ 4 NIKKEI NET」 / 「年金記録照合プログラム、NTTデータが実費で開発へ 2007/ 7/ 4 NIKKEI NET
 【コメント】当初は、約10億円で、実費開発のみとなるため更に3割ほど安上がりで出来ると言われていたシステム。蓋を開けてみると、そんな話はどこへやら。そもそもこのシステムが、どの部分までの開発を示しているのかが読み取れない。説明責任が問われそうだ。

|

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・医師不足対策費7割増、厚労省が160億円予算要求(20070823) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ担当の2部長更迭、社保庁が引責人事(20070823) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16219988

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ、対策システム開発には13億円も(20070823):

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・医師不足対策費7割増、厚労省が160億円予算要求(20070823) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ担当の2部長更迭、社保庁が引責人事(20070823) »