« 【社労士:社会関連情報】健康保険法・国年法・厚年法 > 未加入問題・派遣添乗員、健保未加入に疑い、阪急交通社系列立ち入り(20070827) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・民間の若手社員、自衛隊にレンタル移籍、人材確保へ防衛省検討(20070827) »

2007.08.27

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・司法修習生、就職先未定が100人超す、日弁連調査(20070827)

司法修習生、就職先未定が100人超す 日弁連の調査 2007/ 8/27 asahi.com

 来月から年末にかけて修習を終える司法修習生約2500人のうち、現時点で少なくとも100人以上の就職先が決まっていないとみられることが日本弁護士連合会の調査で分かった。例年なら行き先が固まっている時期だが、今年は、司法制度改革で司法試験合格者が増えている影響で、当初から「就職難」が予想されていた。調査結果は懸念を裏付けた形だ。
 裁判官や検察官、弁護士になるには、司法試験に合格した後、一定期間の司法修習を受ける必要がある。今年は、法科大学院修了者を対象にした新司法試験の初めての合格者約1000人が1年間の修習を12月に終えるのが特徴。新試験と並行して行われている旧司法試験の05年の合格者約1500人も1年4カ月の修習を9月に終える予定だ。
 90年ごろまでの司法試験合格者は年500人程度だったが、法曹人口を増やす方針に基づき合格者数は年々増加。昨年は約1500人が就職活動を行った。今年はさらに1000人増える形になった。裁判官、検察官に任官するのは全体の1割弱で採用数に大きな変化はなく、結果的に弁護士を目指す修習生が激増しているため、日弁連は状況の把握を進めていた。
 今月に入って、旧試験合格者の弁護士登録の申請者数などがまとまった。新試験合格者についても各弁護士会を通じて修習生の就職状況を調査。その結果、100~150人が求職中であることが判明したという。
 法曹界ではかねて「2007年問題」として就職難を危ぶむ声が高まっていた。合格者は10年には3000人に増える見通しで、来年以降はさらに深刻になる恐れがある。
 このため、日弁連は全国の弁護士事務所のほか、企業や自治体などにも雇用を呼びかけ続けている。弁護士業務総合推進センターの副本部長を務める飯田隆弁護士は「昨年末時点では最悪で500人が就職できないとみていた。全国の弁護士会を通じて雇用を働きかけ、最終的に40~60人程度に収めたい」と話している。
 【コメント】資格を取得すれども、必ずしも就職できるとは限らないという顕著な例。就職に例外はもはや無くなったと言えそうな、ここ最近の労働事情。。。

|

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法・国年法・厚年法 > 未加入問題・派遣添乗員、健保未加入に疑い、阪急交通社系列立ち入り(20070827) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・民間の若手社員、自衛隊にレンタル移籍、人材確保へ防衛省検討(20070827) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16256102

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・司法修習生、就職先未定が100人超す、日弁連調査(20070827):

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法・国年法・厚年法 > 未加入問題・派遣添乗員、健保未加入に疑い、阪急交通社系列立ち入り(20070827) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・民間の若手社員、自衛隊にレンタル移籍、人材確保へ防衛省検討(20070827) »