« 【社労士:労働関連情報】労安法 > 健康保持・地方公務員に「心の病」急増、職員の負担増(20070820) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・浮いた年金問題、処理費は資産売却し捻出、社保庁(20070821) »

2007.08.20

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 積立金・厚生年金と国民年金、積立金は0.6%減、2006年度(20070820)

厚生年金と国民年金、積立金0.6%減・06年度 2007/ 8/20 NIKKEI NET

 厚生労働省は20日、厚生年金と国民年金の2006年度末の積立金が05年度末より0.6%減の149兆1337億円になったと発表した。株価上昇などを背景に積立金運用の収益率は3.1%と堅調だったが、年金の給付に回る資金が増えたことで積立金総額は微減となった。
 運用資産と収益率の内訳を見ると、市場運用が80兆円で収益率が4.7%。財投債が約30兆円で同1.0%、財政融資資金への預託金が約42兆円で同1.6%だった。積立金総額と収益率は、これに旧年金福祉事業団からの承継資産の累積損失の約2.6兆円(06年度分は約1100億円)も加えて算出した。
 年金給付費は長期的には名目賃金上昇率に連動して増えるため、収益率から賃金上昇率を除いた「実質収益率」を求めたところ、3.09%だった。
 【関連記事】「厚生年金は2年連続黒字、国民年金は赤字 06年度決算 2007/ 8/10 asahi.com」 / 「公的年金の積立金運用、06年度は3兆7600億円黒字 2007/ 7/31 asahi.com
 【コメント】積立金運用は運用利回りが下落してはいるものの、4年連続の黒字。保険料収入なども上昇してはいるものの、積立金運用頼みではやはりこのような事態となっていくのはやむを得ないか。

|

« 【社労士:労働関連情報】労安法 > 健康保持・地方公務員に「心の病」急増、職員の負担増(20070820) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・浮いた年金問題、処理費は資産売却し捻出、社保庁(20070821) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/16184954

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 積立金・厚生年金と国民年金、積立金は0.6%減、2006年度(20070820):

» 厚生年金と国民年金、積立金0.6%減 [社会保険労務士の年金講座]
厚生労働省は20日、厚生年金と国民年金の2006年度末の積立金が05年度末より0.6%減の149兆1337億円になったと発表した。株価上昇などを背景に積立金運用の収益率は3.1%と堅調だったが、年金の給付に回る資金が増えたことで積立金総額は微減となった。 8月20日 NIK...... [続きを読む]

受信: 2007.08.21 17:40

» 厚生年金と国民年金、積立金0.6%減 [社会保険労務士の年金講座]
厚生労働省は20日、厚生年金と国民年金の2006年度末の積立金が05年度末より0.6%減の149兆1337億円になったと発表した。株価上昇などを背景に積立金運用の収益率は3.1%と堅調だったが、年金の給付に回る資金が増えたことで積立金総額は微減となった。 8月20日 NIK...... [続きを読む]

受信: 2007.08.21 20:51

« 【社労士:労働関連情報】労安法 > 健康保持・地方公務員に「心の病」急増、職員の負担増(20070820) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・浮いた年金問題、処理費は資産売却し捻出、社保庁(20070821) »