« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 確定拠出年金・「運用放棄」7割増(20070716) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・社保庁監視委員会、JR東海葛西会長起用へ(20070716) »

2007.07.16

【社労士:社会関連情報】国年金・厚年金 > 確定拠出年金・三菱UFJ証券銀が業界初、1兆円突破(20070716)

「日本版401k」1兆円突破、三菱UFJ信託銀が業界初 2007/ 7/16 YOMIURI ONLINE

 三菱UFJ信託銀行が受託している確定拠出年金の残高が、制度導入から5年あまりで1兆円の大台を突破したことが分かった。
 業界全体の残高は約3兆円で、1兆円を超えたのは三菱UFJ信託が初めてだ。
 「日本版401k」と呼ばれる確定拠出年金は、2001年10月に誕生した新しいタイプの企業年金。企業が資金を運用する従来型の年金とは異なり、会社員が個人の責任で預貯金や株式など運用先を選ぶ。従来型の年金は支給額が確定しているのに対し、運用成績次第で将来受け取る年金の額が増減する。
 運用が不振でも、企業が穴埋めのための追加拠出をする必要がないため、導入する企業が増えている。07年4月末現在、トヨタ自動車や日立製作所など約2300社が導入、約240万人の会社員が自分の年金資金を自ら運用している。
 【関連記事】「確定拠出年金2兆5000億円超す、導入から丸5年 2006/ 9/29 NIKKEI NET
 【コメント】ほぼ1年前に運用残高2兆5000億円を突破した確定拠出年金。現時点で運用残高3兆円、そのうち1金融機関で1兆円突破に至るまでの規模となった確定拠出年金。ただここ最近見え始めてきた確定拠出年金の弱点。これらの弱点を見直さねば、これ以上の確定拠出年金の伸びは見られない。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 確定拠出年金・「運用放棄」7割増(20070716) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・社保庁監視委員会、JR東海葛西会長起用へ(20070716) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15781649

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年金・厚年金 > 確定拠出年金・三菱UFJ証券銀が業界初、1兆円突破(20070716):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 確定拠出年金・「運用放棄」7割増(20070716) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・社保庁監視委員会、JR東海葛西会長起用へ(20070716) »