« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・再チャレンジ支援、国家公務員試験、152人枠に2万5千人応募(20070722) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 診療報酬・入院の診療報酬に新基準、2008年度改訂(20070721) »

2007.07.22

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・姓が変わっても検索OK、「名前」だけで年金照合(20070722)

姓が変わっても検索OK、「名前」だけで年金照合 2007/ 7/22 YOMIURI ONLINE

 政府は、該当者不明の5000万件の年金記録について、社会保険庁のコンピューター上で持ち主を検索する際、結婚などで姓が変わった人にも対応できるように、「名」だけが一致する人を探す新たな検索方式を導入することを決めた。
 入力ミスがある記録も少なくないため、柔軟な検索方法によって、より多くの該当者を見つけるためだ。
 新しい検索方式は、記録の不完全さを考慮し、一致度合いにあいまいさを認める点が特徴だ。
 具体的には、〈1〉「姓」は異なっていても、「名」が一致する〈2〉生年月日が1日分前後にずれている〈3〉「ヒロミ」など、男女共にありうる名前の場合は、性別は無視をする――というものだ。こうして、「氏名」「生年月日」「性別」の3条件が完全一致しない人でも「記録の持ち主」として仮判定する。
 政府が行ってきた検索作業は「名寄せ」と呼ばれ、これまでは年金記録に記された3条件が一致するかどうかで、持ち主を特定するのが原則だった。
 しかし、社保庁の入力ミスで、氏名や生年月日が入力されていないなど、不完全な記録が少なくないため、「3条件が完全に一致する人だけをいくら検索しても、該当者不明の記録が多く残る」と指摘されていた。
 政府は、来年3月までに、検索の結果、記録の持ち主の可能性がある人全員に通知し、年金記録に漏れがないかどうかの注意を喚起する方針だ。
 【関連記事】「年金記録照合のプログラム、NTTデータと日立に委託 2007/ 6/ 6 NIKKEI NET
 【コメント】恐らくこのロジック組み込みだけでは不足することは確実。既に政府答弁書で「氏名記載ない年金記録」の存在が明らかにされているためだ。どんなに優秀な名寄せシステムを構築しようとしても、照合するためのキーがおかしければ、効率の良いシステムにも限界がある。いかに人海戦術を減らせるかということにかかってくるが、全く人手を介さない統合システムを提供することはほぼ無理であろう。まだまだ名寄せシステムには研究の必要性がありそうだ。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・再チャレンジ支援、国家公務員試験、152人枠に2万5千人応募(20070722) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 診療報酬・入院の診療報酬に新基準、2008年度改訂(20070721) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15841403

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・姓が変わっても検索OK、「名前」だけで年金照合(20070722):

» 国民健康保険の保険料ガイド [国民健康保険の保険料ガイド]
国民健康保険料 免除、加入手続き、税計算 [続きを読む]

受信: 2007.07.22 12:18

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・再チャレンジ支援、国家公務員試験、152人枠に2万5千人応募(20070722) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 診療報酬・入院の診療報酬に新基準、2008年度改訂(20070721) »