« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金3法案等が成立、参院委が可決、29日にも成立(20070630) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年者雇用・人材大手、新卒確保急ぐ(20070630) »

2007.07.02

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年労働者問題・ニート8割「働きたい」(20070629)

ニート8割「働きたい」 でも6割が「対話は苦手」 2007/ 6/29 asahi.com

 仕事も通学も職探しもしていない「ニート」と呼ばれる若者の約8割が「社会や人から感謝される仕事がしたい」と感じていることが、厚生労働省による初の実態調査でわかった。一方で、「人に話すのが不得意」が6割を超えるなど、対人関係への強い苦手意識が就職活動などに二の足を踏む原因になっていることが浮き彫りになった。
 ニートは社会とのつながりが薄く、実態の把握が難しかった。今回の調査は、厚労省のニート支援事業に参加した35歳程度までの約860人を対象にアンケートや面接で実施した。
 一般にニートは就労意欲が低いと思われがちだが、全体の82%が「社会や人から感謝される仕事がしたい」と回答。「どこでも通用する専門技能を身につけたい」が80%、「仕事をしてないとうしろめたい」も82%だった。これまでに「1カ月以上の就労経験」がある人も79%を占め、正社員経験がある人も19%に及んだ。
 一方で、就職活動で問われる能力について不得意かどうかを尋ねると、「計算」(42%)や「人の話を聞く」(34%)などに比べ、「人に話すのが不得意」(64%)が突出して多かった。
 生活行動の苦手意識についての質問でも、「職場で友達をつくる」ことや「上司から信頼される」のが「難しい」「やや難しい」という答えが64%を占める。「学校でのいじめ」(55%)や「不登校」(37%)の経験者も多かった。
 同省の担当者は「声の出し方や話し方から訓練し、少しずつ対人関係に自信をつけてもらえるような支援策が必要だ」と分析している。
 【関連記事】「30歳未満の離職率3割に迫る・青少年白書 2007/ 6/29 NIKKEI NET
 【コメント】厚労省のニート支援事業の内容に問題を抱えている可能性を示唆する本内容。これらのアンケート内容を踏まえ、厚労省の支援事業は、高度な専門技術の取得以外を検討していく必要があろう。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金3法案等が成立、参院委が可決、29日にも成立(20070630) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年者雇用・人材大手、新卒確保急ぐ(20070630) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15623560

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年労働者問題・ニート8割「働きたい」(20070629):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金3法案等が成立、参院委が可決、29日にも成立(20070630) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年者雇用・人材大手、新卒確保急ぐ(20070630) »