« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・社保庁監視委員会スタート、「進駐軍のよう」と厚労、社保庁職員(20070723) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・「年金時効特例法」で、24年分時効の90歳に支払い通知書(20070724) »

2007.07.23

【社労士:社会統計】社会一般 > 少子化対策・5月の出生数、4ヶ月連続減(20070723)

出生数4か月連続減、婚姻数は4か月ぶり増加 2007/ 7/23 YOMIURI ONLINE

 厚生労働省が23日公表した人口動態統計(速報)によると、5月の出生数は9万5936人で、前年同月より295人減った。前年同月比の減少は4か月連続となる。
 2006年の出生数は前年より多かったが、07年は2月から06年より少ない状態が続いている。
 5月の婚姻件数は、前年同月より1248組多い6万5968組となり、4か月ぶりに増加に転じた。婚姻数の増加は将来的な出生数の増加につながる傾向があり、同省では「婚姻数増の要因は不明だが、一時的な傾向かどうか注視したい」としている。
 一方、5月の離婚件数は1008組増の2万3163組で、2か月連続で増えた。離婚後に妻が夫の厚生年金の一部を受け取ることができる「年金分割制度」の申請が4月に始まったことが影響したと見られる。
 【関連記事】「出生数、4月は0.3%減 2007/ 6/21 NIKKEI NET」 / 「4月の離婚件数増加、年金分割制度申請スタート影響か 2007/ 6/20 YOMIURI ONLINE
 【コメント】どうもここ最近示されている人口動態調査の数値は、納得のいく説明が不可能な部分がある。今回の婚姻数増加もその一つ。また離婚件数の増加も年金分割制度の影響と考えられているようだが、果たしてどうなのだろうか。あまり影響がないように思えるが。。厚労省も年金分割制度が影響しているかどうかの判断には慎重のようだ。いずれにせよ、もう少し推移を見守らなければ、なんともいえないといったところ。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・社保庁監視委員会スタート、「進駐軍のよう」と厚労、社保庁職員(20070723) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・「年金時効特例法」で、24年分時効の90歳に支払い通知書(20070724) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15859959

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会統計】社会一般 > 少子化対策・5月の出生数、4ヶ月連続減(20070723):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・社保庁監視委員会スタート、「進駐軍のよう」と厚労、社保庁職員(20070723) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・「年金時効特例法」で、24年分時効の90歳に支払い通知書(20070724) »