« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・市町村発行の年金記録、首長印で公文書に(20070721) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・再チャレンジ支援、国家公務員試験、152人枠に2万5千人応募(20070722) »

2007.07.22

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金ミス、総務省が50年放置(20070721)

年金ミス、総務省が50年放置 行政監察で問題視 2007/ 7/21 asahi.com

 年金記録問題で、行政管理庁(現在の総務省行政評価局)が1958年度の行政監察で管理のずさんさを指摘していたことが分かった。これまで政府は問題を認識したのは64年としてきたが、その6年前に本格的な調査があったことになる。その後、再調査などの対応は行っていなかった。同局は「年金記録問題検証委員会」の事務局。年金記録問題の原因や責任の所在を検証する総務省も対応が問われそうだ。
 行政監察は、現在の行政監視・評価。厚生年金保険事業を対象にしたもので、報告書は59年8月にまとめられた。
 報告書によると戦後の年金記録の台帳は未記入や誤記などが多く、50年から57年にかけて整備された。だが、整備後も「なお整備不能、整備不完全、あるいは不明の台帳」が「少なからず残されている」としている。
 行政管理庁は台帳整備について「一層の努力を払う要がある」と勧告。これに対し、厚生省(現在の厚生労働省)は「記録全部を検査することは、非常に困難であるので、将来保険給付の発生に際して再計算し、保険給付の裁定の確実を期することとしたい」と回答した。最近まで厚労省が「年金支給時の申請を待って対応する」としてきた姿勢に通じるものだ。
 報告書は当時始まっていた記録の機械管理についても「事務管理、作業管理が十分確立、実施されていない」状況だと指摘。「無理な作業処理を行うため、勢いミスが多く」生じるとしていた。
 こうした台帳整備や機械管理のあり方が、その後の「宙に浮いた」5000万件の問題などにつながった可能性がある。
 政府は6日に閣議決定した答弁書で、年金記録問題を認識した時期について、64年9月1日付の社会保険庁の文書を根拠に「64年以前から記録事故があったものと認識している」としていた。だが、58年度の行政監察には触れていなかった。
 総務省の伊藤孝雄審議官(行政評価局担当)は「朝日新聞社の指摘を受けるまで報告書は知らなかった。年金記録について調べたのは、この1度だけだ。結果としてやってこなかったことは認める。今の時点で頑張るしかない」と話している。
 【関連記事】「年金問題:20年前の不明記録862万件 有効対策とらず 2007/ 7/10 MSN-Mainichi INTERACTIVE」 / 「年金記録漏れ、政府のミス初認識は「1964年9月以前」 2007/ 7/ 7 YOMIURI ONLINE」 / 「年金ミス、社保庁40年前認識 「宙に浮く」は20年前 2007/ 7/ 4 asahi.com
 【コメント】社会保険庁が年金記録の入力ミスへの認識をしていたのが、40年前。政府もほぼ同時期の1964年に認識していたことが記録により分かっていたが、今回発覚したのはそれよりさらに8年前の1958年度の記録。さらにその記録は、今回の一連の年金問題により設けられた社会保険庁監視機関の設置される総務省のものとされているから、政府としては笑うに笑えない話。やはり年金問題は社会保険庁にとどまらず、他の省庁も連携した体質そのものの問題として追及する必要がありそうだ。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・市町村発行の年金記録、首長印で公文書に(20070721) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・再チャレンジ支援、国家公務員試験、152人枠に2万5千人応募(20070722) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15841270

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金ミス、総務省が50年放置(20070721):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・市町村発行の年金記録、首長印で公文書に(20070721) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・再チャレンジ支援、国家公務員試験、152人枠に2万5千人応募(20070722) »