« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・新入社員意識調査、意識は「入ってやった」(20070717) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認は企業ごとに一括、厚労相が経団連に要請(20070717) »

2007.07.17

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・国家公務員、中央省庁の4人に1人「日々雇い」(20070717)

公務員:中央省庁の4人に1人「日々雇い」 有給休暇なく 2007/ 7/17 MSN-Mainichi INTERACTIVE

 東京・霞が関の中央省庁で非常勤の公務員として働く人が1万3143人いることが、国家公務員一般労働組合(山瀬徳行委員長)の調査で分かった。非常勤公務員は形式上一日ずつ雇用契約を更新する「日々雇い」と呼ばれ、雇用の不安定さが問題視されている。中央省庁の公務員数は約4万人で、4人に1人は非常勤が占めることになる。
 調査は、同労組に加入する組合員から「2年働いているのに有給休暇がない」など労働条件に関する相談があったことから実施した。その結果、短期間の雇用契約を繰り返しながらも、常勤の公務員とほとんど同じ仕事をする人が増えていることなどが分かった。
 中には雇用期間が6カ月超えると与えられる有給休暇を与えないために、6カ月直前にいったん解雇してまた雇う脱法行為をしている官庁もあった。同労組は「同一労働同一賃金の原則に立ち、日雇い扱いをやめ、諸手当や休暇を与えるべきだ」と訴えている。
 【関連記事】「区役所の非常勤も昇進、職員との格差是正…東京・荒川区 2007/ 3/ 1 YOMIURI ONLINE」 / 「地方公務員、非常勤職員は45万人・総務省が公表 2006/11/17 NIKKEI NET
 【コメント】地方公務員の非常勤職員の実態はしばしば報告されてはいたものの、中央省庁の非常勤職員に関してはそれほどの報道は無かった。ここに来ての問題提起は、地方公務員を含め各方面への影響を与えること必至であろう。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・新入社員意識調査、意識は「入ってやった」(20070717) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認は企業ごとに一括、厚労相が経団連に要請(20070717) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15790501

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・国家公務員、中央省庁の4人に1人「日々雇い」(20070717):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・新入社員意識調査、意識は「入ってやった」(20070717) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認は企業ごとに一括、厚労相が経団連に要請(20070717) »