« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・姓が変わっても検索OK、「名前」だけで年金照合(20070722) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・次官OB7人全員拒否、天下り実態聞き取り調査(20070721) »

2007.07.22

【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 診療報酬・入院の診療報酬に新基準、2008年度改訂(20070721)

入院の診療報酬に新基準・08年度改定、厚労省方針 2007/ 7/21 NIKKEI NET

 厚生労働省は、患者が入院した場合に病院に支払う診療報酬を見直す方針だ。現在は看護師が多ければ診療報酬も高くなる仕組みだが、患者の看護の必要度に応じた数値基準を新たに導入。看護の必要がないのに多くの看護師を抱えている場合には診療報酬を引き下げる。2008年度の診療報酬改定で実施する考え。
 現行制度の入院基本料(一般病棟)は、看護師数を基準に原則4段階に分かれている。看護師1人あたりの患者が15人の場合は1日当たり9540円だが、患者7人なら1万5550円に増える。患者の病状にかかわらず看護師を増やし高い診療報酬を得ようとする病院が急増。医療費増や地方や中小の病院での看護師不足につながっていた。
 【関連記事】「看護師配置巡る“争奪戦”、6割の病院が予定数確保できず 2007/ 5/15 YOMIURI ONLINE」 / 「報酬改定で病院1割経営難 看護師不足にも拍車 2006/ 5/18 asahi.com」 / 「診療報酬上乗せ、病院限定 看護師争奪を沈静化へ 2007/ 1/18 asahi.com
 【コメント】各病院での看護師の獲得合戦激化を招いた診療報酬の改定。その診療報酬に未だ病院は悩まされている状況。その状況を改善するため、打ち出したのが来年度の診療報酬改定。ただ一部病院で手厚い看護体制が整ったのも事実。これらの体制劣化を招くことなく、他の病院の悩みも解消できる診療報酬改定が望まれることとなりそう。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・姓が変わっても検索OK、「名前」だけで年金照合(20070722) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・次官OB7人全員拒否、天下り実態聞き取り調査(20070721) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15841538

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 診療報酬・入院の診療報酬に新基準、2008年度改訂(20070721):

» 健康ブログ [健康ブログ]
健康や病気に関するブログ [続きを読む]

受信: 2007.07.22 12:10

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・姓が変わっても検索OK、「名前」だけで年金照合(20070722) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・次官OB7人全員拒否、天下り実態聞き取り調査(20070721) »