« 【社労士:労働統計】労働一般 > 失業率・2007年 6月度(20070731) | トップページ | 【社労士:労働統計】労働一般 > 毎月勤労統計・2007年 6月の現金給与、7カ月連続で減少、賞与減響く(20070731) »

2007.07.31

【社労士:労働統計】労働一般 > 失業率・2007年 6月度(20070731)

6月の失業率3.7%、有効求人倍率も3カ月連続で上昇 2007/ 7/31 NIKKEI NET

 総務省が31日発表した6月の完全失業率(季節調整値)は前月比0.1ポイント低下の3.7%だった。4月に3%台を回復し2カ月連続で3.8%となっていたが再び低下した。厚生労働省が発表した6月の有効求人倍率(同)も前月を0.01ポイント上回る1.07倍と3カ月連続で上昇。雇用情勢は改善している。ただ労働者の賃金はマイナス傾向が続いている。雇用改善が物価にどう波及するかは依然として不透明な状況だ。
 完全失業率は15歳以上の働く意思がある「労働力人口」のうち全く仕事をしていない人の割合を示す。景気回復に伴い企業が積極採用を続けており、就業者数は6491万人と前年同月より53万人増えた。一方、完全失業者数は241万人と37万人減った。仕事を見つけ職に就く人が増えている。
 若年層から高齢者まですべての年齢層で前年同月よりも完全失業率が改善したが、改善が著しいのは若年層。15―24歳の男女が前年同月比1.4ポイント低下し7.2%となった。
 【関連記事】「6月の完全失業率3.7%、0.1ポイント改善 2007/ 7/31 NIKKEI NET」 / 「5月の完全失業率3.8%、男性は9年2カ月ぶりに4%切る 2007/ 6/29 NIKKEI NET
 【コメント】有効求人倍率を含めて記載されている記事を改めて掲載。完全失業率は男性3.8%(前月比0.1ポイント減)、女性3.5%(前月比0.1ポイント減)。「非自発的理由」による失業者は前年同月比16万人減の76万人と大幅に改善、また失業者の多いとされていた15~24歳の若年者層は10万人減と男性0.7ポイント、女性2.1ポイントの大幅低下。だが、正社員の有効求人数は8カ月連続の減少を続けており、有効求人倍率も正社員限定では0.57倍(前年同月比0.01ポイント減)。非正社員の雇用あっての完全失業率の低下は、決して喜べる状況ではない。

|

« 【社労士:労働統計】労働一般 > 失業率・2007年 6月度(20070731) | トップページ | 【社労士:労働統計】労働一般 > 毎月勤労統計・2007年 6月の現金給与、7カ月連続で減少、賞与減響く(20070731) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15960510

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】労働一般 > 失業率・2007年 6月度(20070731):

» 求人情報の探し方 [求人情報の探し方]
求人情報の探し方を指南します。 [続きを読む]

受信: 2007.08.01 09:04

» 6月の失業率わずかに低下3.7% [ニュースレビューブログ]
仕事があるっていうのは素晴らしいことですよね。働いてお金を稼ぐってとても大変な事です…。 [続きを読む]

受信: 2007.08.01 11:54

« 【社労士:労働統計】労働一般 > 失業率・2007年 6月度(20070731) | トップページ | 【社労士:労働統計】労働一般 > 毎月勤労統計・2007年 6月の現金給与、7カ月連続で減少、賞与減響く(20070731) »