« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・新人材バンクの制度設計本格化、有識者懇談会初会合(20070718) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護事業者立ち入り検査、「グループ本社も」(20070718) »

2007.07.18

【社労士:労働統計】労働一般 > 毎月勤労統計・2007年 5月の現金給与、0.2%減、6カ月連続で減少(20070718)

5月の現金給与総額、0.2%減・6カ月連続の減少 2007/ 7/18 NIKKEI NET

 厚生労働省が18日発表した毎月勤労統計調査(確報、従業員5人以上)によると、すべての給与を合わせた現金給与総額は前年同月比0.2%減の27万5148円となった。速報段階の0.6%減と比べ、0.4ポイント上方修正した。減少は6カ月連続で、景気回復が所得に波及していないことが浮き彫りになっている。
 基本給を示す所定内給与は0.2%減の24万8835円、残業代を指す所定外給与は1.4%増の1万9377円だった。
 5月の総実労働時間は0.8%増の147.4時間で、4カ月ぶりに増えた。厚労省は「前年同月より平日が1日多かったため」と説明した。
 【関連記事】「5月の現金給与総額、6カ月連続で減少・毎月勤労統計 2007/ 7/ 2 NIKKEI NET
 【コメント】確報値でも同様に減少。夏のボーナスは好調なれど、各企業の業績の好調さは、賃金にはやはり反映されにくいもののようだ。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・新人材バンクの制度設計本格化、有識者懇談会初会合(20070718) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護事業者立ち入り検査、「グループ本社も」(20070718) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15805039

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】労働一般 > 毎月勤労統計・2007年 5月の現金給与、0.2%減、6カ月連続で減少(20070718):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・新人材バンクの制度設計本格化、有識者懇談会初会合(20070718) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・介護事業者立ち入り検査、「グループ本社も」(20070718) »