« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年労働者問題・「ジョブ・カード」来年度導入、訓練歴など記載、求職を円滑化(20070724) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】雇用保険法 > 雇用問題・市場化テスト、ハローワーク民営化、まず渋谷と墨田で(20070724) »

2007.07.24

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金不服審査、半数で遅れ(20070724)

年金不服審査、半数で遅れ・02―04年度、総務省調べ 2007/ 7/24 NIKKEI NET

 年金の加入者が保険給付などを巡って、都道府県の社会保険事務局に申し立てた不服のうち約45%が、厚生労働省などが定める処理期間の60日を超えて処理されていたことが23日、総務省の行政評価で分かった。総務省は社会保険庁内部の事務処理の遅れが主な原因として、所管する厚労省に迅速な処理を求めていた。
 対象者が分からない公的年金保険料の支払い記録が約5000万件に上るなどずさんなデータ管理だけでなく、不服申し立ての対応にも問題があったことが浮き彫りになった。
 【関連記事】「「年金」不服申し立て急増・社会保険審査請求、10年で3倍に 2007/ 7/ 9 NIKKEI NET」 / 「第三者委と社会保険審査会、年金記録は同時審査せず 2007/ 7/ 3 YOMIURI ONLINE
 【コメント】ここ10年で3倍にも膨れ上がっている社会保険審査会などへの不服申し立て件数。件数が増えたにもかかわらず、その処理速度が上がっていないのであれば、処理遅延が発生するのは当然のこと。年金支給可否に関しては、第三者委員会での判断も可能となることから、不服申し立ての処理数が減少し、処理速度が上がることを期待したい。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年労働者問題・「ジョブ・カード」来年度導入、訓練歴など記載、求職を円滑化(20070724) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】雇用保険法 > 雇用問題・市場化テスト、ハローワーク民営化、まず渋谷と墨田で(20070724) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15862570

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金不服審査、半数で遅れ(20070724):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年労働者問題・「ジョブ・カード」来年度導入、訓練歴など記載、求職を円滑化(20070724) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】雇用保険法 > 雇用問題・市場化テスト、ハローワーク民営化、まず渋谷と墨田で(20070724) »