« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ、社保庁、年金記録15件を訂正(20070720) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認第三者委員会、申し立て1000件突破(20070720) »

2007.07.22

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・パソナ、派遣社員に交通費支給制度化(20070720)

パソナ、派遣社員に交通費支給を制度化 大手では初 2007/ 7/20 asahi.com

 交通費は出すことにします――人材派遣大手のパソナの南部靖之社長は20日の決算発表で、派遣社員に対する交通費支給を6月に制度化したことを明らかにした。対象は一部に限るものの、同業大手では初の試みだという。
 パソナは現在、長期派遣社員として4万人の登録者を抱えるが、うち東京23区、大阪市周辺、名古屋市に通勤する約2万人を対象にする。パソナが派遣先企業に交通費も請求し、派遣社員に渡す。派遣先企業が支払いを拒否した場合には、パソナが月額3000円を払う。
 派遣社員の待遇をめぐっては、会社側が交通費を時給に含める扱いをしているケースが多い。しかし派遣社員側には交通費の別途支給を求める声が根強い。パソナが支給に踏み切るのは、景気回復に伴って優秀な人材確保が難しくなってきたことが背景にありそうだ。
 【関連記事】「人材大手、新卒確保急ぐ  2007/ 6/30 NIKKEI NET
 【コメント】企業の旺盛な人材獲得欲による需要を満たそうと、人材確保に必死な派遣会社各社。他社を少しでも出し抜くために、パソナが打ち出したのがこの交通費支給制度。さてこの制度、人材確保に役立つかどうか。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ、社保庁、年金記録15件を訂正(20070720) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認第三者委員会、申し立て1000件突破(20070720) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15838478

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・パソナ、派遣社員に交通費支給制度化(20070720):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ、社保庁、年金記録15件を訂正(20070720) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認第三者委員会、申し立て1000件突破(20070720) »