« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・日本の医師数、1000人あたり2人で主要国最低(20070719) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・グッドウィル、日雇い派遣天引き問題、派遣スタッフが提訴(20070719) »

2007.07.19

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 厚生年金加入、大学非常勤講師、加入求めて署名活動へ(20070719)

大学の非常勤講師、厚生年金加入求めて署名活動へ 2007/ 7/19 asahi.com

 首都圏の大学で働く非常勤講師らでつくる労働組合は18日、勤務先が複数の大学にまたがる非常勤講師でも厚生年金に加入できるよう制度運用の見直しを求める署名活動を始めると発表した。関西や東海地方などの労組を含む計5組合で15万人分の署名を集め、秋ごろに国会に提出する。
 同労組によると、複数の大学で数コマずつ授業を担当する非常勤講師は各大学での労働時間が短く、パートの厚生年金の加入条件を満たせない。
 【関連記事】「パートへの厚生年金適用拡大、学生除外で自民部会了承 2007/ 3/27 YOMIURI ONLINE」 / 「政府・与党、年金一元化法案提出を4月に延期 2007/ 3/22 NIKKEI NET
 【コメント】先の国会で可決していれば、労働時間週20時間以上、月額賃金9万8000円以上、勤務期間1年以上の条件を満たせば、厚生年金への加入の途が開かれたはず。だが、非常勤講師となれば、この基準(労働時間)を下回る可能性も高い。複数の大学での労働時間を合算するなどでの対応を求めての署名活動だが、パート労働者への条件拡大も未だ実現していないことを考えれば、まだまだ時間が必要といえそう。

|

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・日本の医師数、1000人あたり2人で主要国最低(20070719) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・グッドウィル、日雇い派遣天引き問題、派遣スタッフが提訴(20070719) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15811557

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 厚生年金加入、大学非常勤講師、加入求めて署名活動へ(20070719):

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・日本の医師数、1000人あたり2人で主要国最低(20070719) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・グッドウィル、日雇い派遣天引き問題、派遣スタッフが提訴(20070719) »