« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用対策法・年齢限定の求人認める(20070718) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 賃金動向・2007年夏季賞与、4年連続で最高更新(20070718) »

2007.07.18

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認第三者委員会、地方委の委員長ら集め初会議(20070718)

年金記録第三者委、地方委の委員長ら集め初会議 2007/ 7/18 asahi.com

 「消えた年金記録」問題で、記録の回復をはかる総務省の「年金記録確認第三者委員会」(委員長=梶谷剛・前日本弁護士連合会会長)は18日、全国50カ所の地方第三者委員会の委員長らを集めた会議を東京都内で初めて開いた。
 第三者委の中央委員会は、本人の申し立てが「社会通念に照らし不合理ではなく、一応確からしい」と確認できれば幅広く給付を認める基本方針をすでに決定。社会保険庁から判断を委ねられた事例のうち15例の給付を認める判断をした。会議は、これらの方針や判断基準がぶれないよう徹底を図ることなどが狙い。
 菅総務相は「個別の審議の中では、判断が難しいものもあると思うが、第三者委員会は国民にとって最後のとりで。中央と連携を取って統一的運用をしてほしい」。
 梶谷委員長は「委員会の判断がまちまちでは国への信頼が揺らぐ。心を一つにして国民のために健闘を」と呼びかけた。
 【関連記事】「年金第三者委、申し立て初日の受け付けは382件 2007/ 7/17 YOMIURI ONLINE」 / 「年金問題:記録確認の受け付け始まる 地方第三者委も始動 2007/ 7/17 MSN-Mainichi INTERACTVE
 【コメント】会合の内容として、「ばらつきがないよう、中央と地方が連携して統一的な運用をしてほしい」と菅義偉総務相から要請があった模様。現在中央委員会であっせん事例の積立を行い、その判断基準をもってばらつきが出ないような工夫をするつもりだが、何とも外からではわかりにくい判断。非公開とされている判断基準が、ばらつきの出ないような基準であることを願いたい。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用対策法・年齢限定の求人認める(20070718) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 賃金動向・2007年夏季賞与、4年連続で最高更新(20070718) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15801523

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認第三者委員会、地方委の委員長ら集め初会議(20070718):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用対策法・年齢限定の求人認める(20070718) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 賃金動向・2007年夏季賞与、4年連続で最高更新(20070718) »