« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・地方版年金記録確認第三者委員会、17日受付開始(20070712) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働者災害補償保険法 > 自殺対策基本法・中小企業の従業員の1割が、「過去1年に自殺を考えた」(20070713) »

2007.07.13

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・サービス業の生産性、製造業ノウハウで向上(20070712)

サービス業の生産性、製造業ノウハウで向上・経産省が実証 2007/ 7/12 NIKKEI NET

 経済産業省は12日、製造業の生産管理手法をサービス産業に応用して導入した結果、生産性の向上が実証されたとの調査結果を公表した。ホテルの客室清掃時間が37分間短縮されたほか、病院の窓口業務の担当者を9人から7人に減らせた。こうした事例を今後普及させ、欧米に比べて劣るサービス産業の生産性向上を目指す。
 ホテルの客室清掃時間の短縮は、替えのシーツを置く場所を定めて歩行距離を減らしたり、清掃手順をマニュアル化するなどして実現。病院では通院者の多寡を曜日や時間帯によってきめ細かく区分し、病院窓口に配置する人員を最小限にした。
 イベント会場の設営で、作業手順書を作成し従業員を教育した結果、展示に使うパネルの組み立て時間が14.9秒から9秒に短縮されたという。
 【関連記事】「労働生産性:日本は米国の7割 OECD平均に届かず 2007/ 6/ 5 MSN-Mainichi INTERACTIVE」 / 「労働生産性の伸び1.5倍に・経財相、5年後の目標提示 2007/ 2/28 NIKKEI NET
 【コメント】以前から低いと批判されている日本の労働生産性。OECDの平均にも届かない状況を打破しようと、政府では今後5年間で労働生産性を1.5倍高める「生産性加速プログラム」を打ち出している。このような取り組みの一つで出てきているのが、今回報道されている労働生産性向上の検証であろう。さて政府の思惑通り、生産性向上を果たすことができるか。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・地方版年金記録確認第三者委員会、17日受付開始(20070712) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働者災害補償保険法 > 自殺対策基本法・中小企業の従業員の1割が、「過去1年に自殺を考えた」(20070713) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15741460

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・サービス業の生産性、製造業ノウハウで向上(20070712):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・地方版年金記録確認第三者委員会、17日受付開始(20070712) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働者災害補償保険法 > 自殺対策基本法・中小企業の従業員の1割が、「過去1年に自殺を考えた」(20070713) »