« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金加入期間、短縮すべき(20070709) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 国民年金保険料・徴収の民間枠拡大、対象の社保事務所を35から95に(20070709) »

2007.07.10

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働時間・最低賃金引き上げで合意(20070709)

最低賃金、引き上げで合意…成長力底上げ円卓会議 2007/ 7/ 9 YOMIURI ONLINE

 政労使の代表らでつくる政府の「成長力底上げ戦略推進円卓会議」(議長・樋口美雄慶大教授)は9日、07年度から最低賃金を引き上げることで合意した。
 低所得者層の生活水準の向上のため、06年度で1時間あたり673円の最低賃金(全国平均)を引き上げる必要があると判断した。
 厚生労働省は7月中にも中央最低賃金審議会を開き、07年度の引き上げ額を決める方針だ。
 06年度の全国平均は前年比で5円アップにとどまったが、円卓会議の合意を受けてどれだけ上積みされるかが焦点となる。
 この日の会議では、07年度以降の中長期的な最低賃金の引き上げ目標を年内に決めることでも一致した。
 内閣府が目標として示した<1>生活保護の水準(生活扶助と住宅扶助の合計で698円)<2>高卒初任給(最も低い分類は720円)<3>平均賃金の一定割合(欧米並みの40%の場合は723円)――の3案を軸に検討する。実現すれば、06年度に比べ25~50円の引き上げとなる。
 【関連記事】「最低賃金700~720円程度目標 政府原案 2007/ 7/ 8 asahi.com」 / 「最低賃金引き上げ合意先送り 法案成立せず調整困難 2007/ 7/ 5 asahi.com」 / 「東商、最低賃金引き上げ反対を決議 2007/ 7/ 5 NIKKEI NET」 / 「「最低賃金引き上げ見送り、許されない」連合高木会長 2007/ 5/31 asahi.com」 / 「最低賃金、2年続け答申、地域で引き上げ率に差 2006/ 7/27 asahi.com
 【コメント】近々中央最低賃金審議会により行われる予定の最低賃金引き上げに関する答申。従来の改定方法で算定した結果は5円の引き上げであるが、メンバーからは水準として低すぎるという声。これにより少なくとも今年10月に引き上げられる最低賃金は5円以上となることが濃厚。だが25 - 50円の引き上げは経営者側の反対もあり、さすがに受け入れられないだろう。さて最終的にはどの程度の引き上げ幅で落ち着くか。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金加入期間、短縮すべき(20070709) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 国民年金保険料・徴収の民間枠拡大、対象の社保事務所を35から95に(20070709) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15711695

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働時間・最低賃金引き上げで合意(20070709):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金加入期間、短縮すべき(20070709) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 国民年金保険料・徴収の民間枠拡大、対象の社保事務所を35から95に(20070709) »