« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・時効年金支給、8月から通知(20070706) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・「時効年金」受給申請初日、連絡不手際で一部受理されず(20070706) »

2007.07.08

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・フルキャスト、天引き業務管理費を全額返還へ(20070706)

フルキャスト、天引き業務管理費を全額返還へ 2007/ 7/ 6 YOMIURI ONLINE

 人材派遣大手のフルキャスト(東京都渋谷区)は6日、日雇い派遣のスタッフの給与から、1回の勤務当たり250円ずつ天引きしていた「業務管理費」について、創業時の1992年9月にさかのぼって、徴収した全額を返還する方針を明らかにした。
 同社は今年2月上旬、制度を原則廃止している。
 同社によると、返還対象者は、同社と関連会社2社の派遣スタッフ。業務管理費は、派遣スタッフの福利厚生などにあてるために徴収していた。今後、返還を請求したスタッフについて、徴収実態を確認後、全額を支払うという。
 3社の登録スタッフ数は、3月末現在で174万人。
 【関連記事】「フルキャストも天引き分返還へ 日雇い派遣「管理費」 2007/ 6/27 asahi.com」 / 「グッドウィルの天引き「違法」 厚労省、調査・指導へ 2007/ 6/22 asahi.com」 / 「グッドウィル、日雇い天引き返還計43億円に 2007/ 6/22 asahi.com
 【コメント】対象となるのはフルキャストとグループのフルキャストHR総研、フルキャストアドバンスの3社。最大で40億円程度の返還を見込んでいる。対象は50万人。フルキャストとしては未だ業務管理費は「任意での支払い」という姿勢を崩していないが、問い合わせが増えたための措置ということ。1996年10月以降の勤務実績に関しては会社のデータで確認できるため返還が可能だが、それ以前の返還については給与伝票などが必要とのこと。原則として8月から10月に受け付けの予定。このニュースで怒りを露わにするのは2年分のみの返還に納得していないグッドウィルユニオンのスタッフ。全額返還を求め、会社への要求を強める予定だが、会社から方針変更の発表が出される予定はない。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・時効年金支給、8月から通知(20070706) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・「時効年金」受給申請初日、連絡不手際で一部受理されず(20070706) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15692396

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・フルキャスト、天引き業務管理費を全額返還へ(20070706):

» 損害賠償などのトラブル [人材派遣業と人材派遣会社]
派遣会社がスタッフに請求できる損害賠償については、派遣会社のスタッフに対する教育・指導が十分であったか否かにより、過失相殺されるので、必ずしも派遣会社が派遣先に支払った金額と同額ではありません(民法418条)。 [続きを読む]

受信: 2007.07.10 13:57

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・時効年金支給、8月から通知(20070706) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・「時効年金」受給申請初日、連絡不手際で一部受理されず(20070706) »