« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働時間・最低賃金引き上げ、時給8~58円、厚労省が4案提示へ(20070713) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・「偽装請負」でも天引き(20070713) »

2007.07.13

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ、年金記録確認中央第三者委員会、13日給付判断へ(20070713)

年金記録確認委、13日給付判断へ 2007/ 7/13 NIKKEI NET

 総務省は12日、領収書など年金保険料を支払った証拠がない人への年金給付を審査する「年金記録確認中央第三者委員会」(梶谷剛委員長)の「基本部会」初会合を13日に開くと発表した。17日から各地で始まる判定作業に先立ち、先例となるような事案について審査する。社会保険庁に記録訂正の再審査を請求していた284件の一部について、給付を認める方向で最初の判断を示す見通しだ。
 中央委は基本部会のほか、「国民年金」「厚生年金」の各部会も設置する。記録訂正を再請求していた284件のうち、本人が第三者委での審査に同意し、先例となるような事例を直接審査し、給付の可否を判定する方針。
 【関連記事】「年金記録漏れ、なるべく広く救済・確認委 2007/ 7/ 4 NIKKEI NET
 【コメント】判断基準のたたき台を作るべく利用されていた、社会保険庁に再審査中の284件の記録訂正案件。この一部に対して判断が下されることで、ある程度の年金記録確認委員会の判断基準が見えてくる。結果に否が応でも注目が集まるであろう。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働時間・最低賃金引き上げ、時給8~58円、厚労省が4案提示へ(20070713) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・「偽装請負」でも天引き(20070713) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15741561

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ、年金記録確認中央第三者委員会、13日給付判断へ(20070713):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働時間・最低賃金引き上げ、時給8~58円、厚労省が4案提示へ(20070713) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・「偽装請負」でも天引き(20070713) »