« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ、35-49歳は7割不安、日経調査(20070704) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 社会保険庁改革・年金記録確認、政府が5対策(20070704) »

2007.07.04

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・新入社員意識調査、最終目標、社長は12%で最低(20070704)

新入社員の最終目標、社長は12%で過去最低 2007/ 7/ 4 YOMIURI ONLINE

 最終目標は社長よりも部長か役員――。産業能率大が4日発表した今年の新入社員に対するアンケート調査で、こんなフレッシュマン像が浮かび上がった。
 調査は3~4月、同大主催の新入社員研修セミナーに参加した265社の750人を対象に実施し、668人(男性427人、女性241人)から回答を得た。
 調査結果によると、最終的に目標とする役職・地位は、「部長」が1位で17・1%、続いて「役員」が16・9%となった。「社長」は12・0%で、1990年の調査開始以来最低となり、昨年の1位から初めて3位に転落した。同大では「不祥事や事件を受けて頭を下げるトップの姿が目立つことが背景にあるのでは」と分析する。
 一方、終身雇用制度を望む新入社員は67・8%で過去最高だった。転職に対するイメージも「キャリアアップ」とする回答が69・6%だった一方、「挫折」が30・4%と、初めて3割を超えており、新入社員の安定志向が高まっていることをうかがわせた。
 【関連記事】「就職に満足も将来に不安…新入社員アンケート 2007/ 6/28 YOMIURI ONLINE
 【コメント】今年の新入社員には、「長期雇用」への不安がみられる各種調査結果。それだけ労働市場が厳しいと新入社員の目には見えているということのようだ。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ、35-49歳は7割不安、日経調査(20070704) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 社会保険庁改革・年金記録確認、政府が5対策(20070704) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15649886

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・新入社員意識調査、最終目標、社長は12%で最低(20070704):

» 新入社員が目標とする地位は? [ただいまに生きる]
ある大学が、新入社員研修セミナーに参加したフレッシュマン達にアンケートをとったところ、最終的に目標とする役職・地位は『部長』が1位で17.1%、次が『役員』の16.9%だったそうだ。そして意外にも(?)、『社長』と答えた人は第3位の12.0%で、調査開始..... [続きを読む]

受信: 2007.07.04 23:28

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録漏れ、35-49歳は7割不安、日経調査(20070704) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 社会保険庁改革・年金記録確認、政府が5対策(20070704) »