« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料・6兆9000億円を年金給付以外に流用(20070724) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・完了再就職、「省庁あっせん必要」、財務官房長らが強調(20070724) »

2007.07.24

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > グリーンピア・廃止や売却の年金施設、1兆円が回収不能に(20070724)

廃止・売却の年金施設、1兆円が回収不能に 2007/ 7/24 YOMIURI ONLINE

 厚生年金と国民年金の保険料計約1兆4000億円を投じて建設されながら、廃止・売却が決まった年金福祉施設計412物件の資産価値が約2000億円に過ぎないことが、厚生労働省所管の独立行政法人「年金・健康保険福祉施設整理機構」(RFO)の鑑定結果でわかった。
 このうち、4分の1の102物件が今月中旬までに売却されたものの、総額は約400億円にとどまっている。売却期限まであと3年余。売却益は、年金特別会計に繰り入れられるが、すべてを売却できたとしても、1兆円以上が回収できない見通しだ。
 厚労省の内部資料によると、1945~2005年度に国民が支払った年金保険料のうち、約6兆4000億円が年金給付以外に使われた。このうち、厚生年金分の約1兆1700億円、国民年金分の約2300億円の計約1兆4000億円が年金福祉施設の建設・整備に充てられた。
 これとは別に、総額約3000億円をかけて建設された、より大型の保養施設「グリーンピア」については、全13施設が05年12月までに売却されている。
 年金福祉施設の大半は、60年~01年にかけて全国で建設され、厚生年金会館や保養所、カルチャーセンターなど412物件(302施設)に上る。国有財産のため固定資産税がかからず、民間施設に比べ利用料を低く抑えられるとされたが、同様の民間施設の登場で特色が薄れ、全施設の売却・廃止が決まった。
 このため、RFOが05年10月に5年間の期限付きで設立され、10年9月末までに、一般競争入札で売却を終えることになっているが、不動産鑑定の結果、資産価値は2016億円となった。
 すでに売却された102物件(76施設)の総額は398億円。このうち、約54億円を投じた健康福祉センター「サンピア小松」(石川県)は今年1月の入札で、民間企業が8億円余で落札。約14億円を要した健康保養センター「くにさき望海苑」(大分県)は3月、別の企業が1億6100万円で落札した。
 いずれも宿泊施設で、落札額は建設費用を大幅に下回っている。他の多くの施設でも、同様に、投じた保険料を回収できていない。
 RFOのひじ方(ひじかた)功・企画部長は「売却を引き受けた時点で資産価値が大幅に下がっていた。なるべく高く売却したい」と話している。(「ひじ方」の「ひじ」は、「土」の右中にテン)
 【関連記事】「グリーンピア、再開の全9施設赤字 公金投入も8億円超 2007/ 5/ 4 asahi.com」 / 「グリーンピアと住宅融資事業、最終損失1.3兆円の予測 2004/11/22 asahi.com」 / 「年金施設、初の民間向け売却 2004/ 7/ 7 NIKKEI NET
 【コメント】事業を継続しているところは大赤字、売却しても簿価を大幅に割り込む金額と何かと悩みの種のグリーンピア。ようやくこれらの売却が終わっても、残る年金関連施設は数多く。ケチのついた物件だけに、買い叩かれるのは当然といえるが。。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料・6兆9000億円を年金給付以外に流用(20070724) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・完了再就職、「省庁あっせん必要」、財務官房長らが強調(20070724) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15862185

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > グリーンピア・廃止や売却の年金施設、1兆円が回収不能に(20070724):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金保険料・6兆9000億円を年金給付以外に流用(20070724) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・完了再就職、「省庁あっせん必要」、財務官房長らが強調(20070724) »