« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年者雇用問題・就職難博士に「求職中」マーク、応用物理学会考案(20070729) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】安衛法 > アスベスト災害・石綿被害の無料健診、対象拡大、10月から実施へ(20070731) »

2007.07.30

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 厚生年金適用事業所・阪急系ホテル、年金未加入110人(20070730)

阪急系ホテル 年金未加入110人 2007/ 7/30 YOMIURI ONLINE

 「第一ホテル東京」(東京都)などで、臨時雇用のウエーターらを厚生年金などに加入させていなかった問題で、本来、加入すべき厚生年金・健康保険に加入していなかったウエーター、ウエートレスが過去2年間だけで約110人、雇用保険の未加入者も約80人にのぼることが30日、わかった。
 同ホテルなどを運営する阪急ホテルマネジメント(大阪市北区)は、大阪・天満社会保険事務所などから指導を受け、順次、加入手続きを進めている。労務管理に問題があったとして、山沢倶和(ともかず)社長らを、近く社内処分する方針。
 同社によると、2005年6月以降、臨時雇用したウエーター、ウエートレスは約750人。いずれも1日契約で直営14ホテルの宴会場やレストランで働いていたが、リーダー格を除く約690人は厚生年金などに加入していなかった。
 未加入者のうち、第一ホテル東京など複数の直営ホテルで働いた約110人が、1か月以上続けて社員並みに勤務し、厚生年金・健康保険の加入義務があることが判明。うち約80人は、1年以上勤めており、雇用保険にも加入すべきだった。法令上、雇用する企業側に加入させる義務がある。
 同社は6月、同社保事務所の調査を受け、過去2年の雇用実態を調査。同様の臨時雇用は長年続いていたという。同社は「事態を厳粛に受け止め、人事管理システムを見直し、再発防止に努めたい」としている。
 【関連記事】「阪急系ホテルの臨時雇用 年金未加入疑い 2007/ 7/ 4 YOMIURI ONLINE
 【コメント】先日報道された年金未加入の疑いに関する問題であるが、未加入の実態が明らかになった模様。社会保険庁による厚生年金未加入対策が進んでいないと報じられたタイミングでのこの行動。印象に残ることは確かだ。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年者雇用問題・就職難博士に「求職中」マーク、応用物理学会考案(20070729) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】安衛法 > アスベスト災害・石綿被害の無料健診、対象拡大、10月から実施へ(20070731) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15953429

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 厚生年金適用事業所・阪急系ホテル、年金未加入110人(20070730):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年者雇用問題・就職難博士に「求職中」マーク、応用物理学会考案(20070729) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】安衛法 > アスベスト災害・石綿被害の無料健診、対象拡大、10月から実施へ(20070731) »