« 【社労士:労働関連情報】労災法 > アスベスト災害・海保、元職員に石綿による公務災害認定(20070719) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 厚生年金加入、大学非常勤講師、加入求めて署名活動へ(20070719) »

2007.07.19

【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・日本の医師数、1000人あたり2人で主要国最低(20070719)

日本の医師数、1000人あたり2人で主要国最低・OECD調べ 2007/ 7/19 NIKKEI NET

 経済協力開発機構(OECD)は18日、医療に関する統計「ヘルスデータ」2007年版を公表した。人口1000人あたりの医師数は日本は2人と米英独など主要7カ国では最も低かった。医療費の負担内訳で日本は国など公的部門の割合が82%と英国に次いで高く、患者の自己負担や民間保険の割合が低かった。
 調査は05年(日本は04年)の統計を基に加盟30カ国を比較。日本の1000人あたり医師数は全加盟国でもトルコ、韓国、メキシコに次いで低かった。
 1人あたり医療費(各国の物価を調整した購買力平価換算)で日本は2358ドルと主要7カ国では最低で、最高の米国(6401ドル)のほぼ3分の1だった。
 【関連記事】「医師不足対策:自民が特命委発足 医師派遣制度など検討 2007/ 4/27 MSN-Mainichi INTERACTIVE」 / 「与党、医師不足問題でプロジェクトチーム 2007/ 4/26 NIKKEI NET
 【コメント】医師数を増やすべく対策を立てている日本政府ではあるものの、この不名誉な統計データを覆すのはまだまだ先の話となりそうだ。

|

« 【社労士:労働関連情報】労災法 > アスベスト災害・海保、元職員に石綿による公務災害認定(20070719) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 厚生年金加入、大学非常勤講師、加入求めて署名活動へ(20070719) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15811451

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・日本の医師数、1000人あたり2人で主要国最低(20070719):

« 【社労士:労働関連情報】労災法 > アスベスト災害・海保、元職員に石綿による公務災害認定(20070719) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 厚生年金加入、大学非常勤講師、加入求めて署名活動へ(20070719) »