« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・パソナ、派遣社員に交通費支給制度化(20070720) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金支給漏れ賠償訴訟、国側が原告の請求棄却求める(20070720) »

2007.07.22

【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認第三者委員会、申し立て1000件突破(20070720)

第三者委への年金審査申し立て、1000件突破 2007/ 7/20 YOMIURI ONLINE

 社会保険庁に年金保険料の納付記録がなく、領収書などの物的証拠がない場合に年金支給の可否を判断する総務省の年金記録確認地方第三者委員会への審査申し立て受付件数は、受け付けを開始した17日から19日までの3日間で1031件(厚生年金536件、国民年金495件)に達した。
 【関連記事】「年金第三者委、申し立て初日の受け付けは382件 2007/ 7/17 YOMIURI ONLINE
 【コメント】初日の申し立て件数が382件であり、この3日間は初日の申し立て件数のペースが落ち込んでいないということのようだ。まだまだ件数が伸びをみせるのは確かであろう。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・パソナ、派遣社員に交通費支給制度化(20070720) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金支給漏れ賠償訴訟、国側が原告の請求棄却求める(20070720) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15838567

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録確認第三者委員会、申し立て1000件突破(20070720):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・パソナ、派遣社員に交通費支給制度化(20070720) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金支給漏れ賠償訴訟、国側が原告の請求棄却求める(20070720) »