« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録問題の検証委、座長に松尾全検事総長(20070608) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン、新潟県、コムスン監査で42件に不正の疑い(20070608) »

2007.06.08

【社労士:社会関連情報】社会一般 > 高齢化問題・2007年版高齢社会白書(20070608)

65歳以上、2055年に4割超す・高齢社会白書 2007/ 6/ 8 NIKKEI NET

 政府は8日の閣議で「日本では2055年に65歳以上の高齢者が占める割合が人口の4割を突破する」などと指摘した2007年版の高齢社会白書を決定した。世界に例のない高齢化社会を迎えることを前提に、高齢者の就労や社会参加を後押しする政策を訴えている。
 65歳以上の高齢者人口(06年10月1日現在)は前年比93万人増の2660万人。総人口に占める割合(高齢化率)も0.7ポイント上昇して20.8%となり、いずれも過去最高を記録した。05年は現役世代3.3人で高齢者1人を支えている計算だったが、55年にはこれが1.3人で1人になるという。
 白書では平均寿命の延伸に伴い、若い時期からの健康づくりや地域で高齢者を孤立させないコミュニケーションなどが求められると強調している。
 1947―49年生まれの団塊の世代は、12年から14年にかけて毎年約100万人ずつ65歳以上の高齢者になるとも指摘。比較的高学歴で都市圏に住む人が多い団塊の世代の特性を踏まえて、働きやすい環境づくりやボランティア活動の支援などが必要になるとしている。
 【関連記事】「65歳以上の高齢者人口、初めて2割超える 2006/ 6/ 2 NIKKEI NET」 / 「65歳以上の高齢者、全人口の2割突破へ・05年版白書 2005/ 6/ 3 NIKKEI NET
 【コメント】昨年の高齢化白書では2050年に「35.7%」の予想を打ち出していた高齢化率。数値は変わるが、対策などの内容にさほど変化が見られないのは、それだけ新しい対策を打ち出せていないという表れに他ならない。。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録問題の検証委、座長に松尾全検事総長(20070608) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン、新潟県、コムスン監査で42件に不正の疑い(20070608) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15358226

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 高齢化問題・2007年版高齢社会白書(20070608):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録問題の検証委、座長に松尾全検事総長(20070608) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・コムスン、新潟県、コムスン監査で42件に不正の疑い(20070608) »