« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・偽装請負、内部告発者「企業の罰則強化を」国に要請(20070625) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・基礎年金番号、「共済」未統合181万件(20070625) »

2007.06.26

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・偽装請負、防止に向け発注元にも法順守の確認を求める(20070625)

偽装請負防止へ 発注元にも法順守の確認求める 厚労省 2007/ 6/25 asahi.com

 実態は労働者派遣なのに請負を装う違法な「偽装請負」を防ぐため、請負会社や発注元企業が守るべき内容をまとめた厚生労働省の指針の概要が25日分かった。請負会社に労務管理体制の強化を求めるだけでなく、仕事の発注元にも、契約時に請負会社の法令順守体制の確認を求める点が特徴だ。発注元もコスト削減などのため偽装請負を活用してきた経緯があり、厚労省も指針を踏まえて関係企業による協議会をつくり、適正化を強く求めていく。
 指針は発注元企業向けと請負会社向けの2種類で、月内に関係業界の代表や専門家による研究会で正式にまとめる。強制力はないが、厚労省は指針に基づくチェックシートをつくり、請負会社と発注元企業からなる協議会を設け、セミナーなどを開いて各企業に指針の内容の徹底を促す。
 発注元向けの指針では、契約する請負会社を選ぶ際、適正に労働者を雇用保険や社会保険に加入させているかなど、法令順守を考慮するように求める。また、請負会社には有期雇用の労働者が多く、請負契約の解約で突然解雇される例も後を絶たない。このため、発注元にも、契約を途中で解約する場合は30日前に請負会社に予告することを要請する。
 一方、請負会社向けの指針では、発注元企業の社員が請負会社の労働者を指揮、命令すると偽装請負にあたるため、請負会社が労働者を監督できる者を現場に置き、会社側にも適正な雇用管理を担う責任者を置くべきだとした。このほか、請負労働者の安定雇用を促すため、雇用契約の期間は、発注元と請負会社とで結ぶ請負契約の期間と少なくとも同じとし、極端に短い雇用契約にならないように求めている。
 【関連記事】「「偽装請負」労働が製造業で横行 実質派遣、簡単にクビ 2006/ 7/31 asahi.com」 / 「「偽装請負」、判断指針を検討・厚労相 2007/ 2/23 NIKKEI NET
 【コメント】、「偽装請負」の形態が分からない経営者が多いことを指摘する経団連会長の言葉があったように、今ひとつわかりにくい「偽装請負」とみなされる形態。このあやふやを払拭すべく作成されていたのが、偽装請負に対する判断指針。これにより少しでも「偽装請負」が減ってくれれば、政府としても大助かりなのだろうが、これを逆手に採って、逃げ道に使われる可能性もあるのは怖いところ。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・偽装請負、内部告発者「企業の罰則強化を」国に要請(20070625) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・基礎年金番号、「共済」未統合181万件(20070625) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15562203

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・偽装請負、防止に向け発注元にも法順守の確認を求める(20070625):

» 「アブナイTバック学園の大暴走」動画で紹介 藤村みゆ、藤谷ナミィ、藤宮えりか [ふんどしTバック中学生藤宮えりか 藤村みゆ 藤谷ナミィを応援するブログ]
内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより) Tバック美女たちが大暴... [続きを読む]

受信: 2007.06.26 08:28

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働者派遣法・偽装請負、内部告発者「企業の罰則強化を」国に要請(20070625) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・基礎年金番号、「共済」未統合181万件(20070625) »