« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 >保険料・地方公務員健保の本人負担(20070523) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・新人材バンクの対象者、毎年2000人(20070523) »

2007.05.24

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・先生、毎日約2時間の残業(20070523)

先生、毎日約2時間の残業 40年ぶり実態調査 文科省 2007/ 5/23 asahi.com

 文部科学省は23日、40年ぶりに実施した教員の勤務実態調査の結果を公表した。対象となった公立の小中高では、1日の平均勤務時間が10~11時間で、恒常的に1日約2時間の残業をしていた。同省は教員の給与制度の見直しを進めているが、この結果を受けて「時間外」の扱いが焦点となりそうだ。
 調査は昨年の7~12月を6期に分けて実施された。小中は毎期180校ずつ、10~12月だけ実施された高校は毎期120校ずつ、無作為に抽出して対象とした。
 最も勤務時間が長かったのは中学校教員で、平均して1日10時間36分働き、残業は1時間56分だった。夏季休業期の8月分を除くと平均で1日11時間2分の勤務で、2時間13分の残業。小学校教員は1日平均10時間5分の勤務で1時間26分の残業、夏季休業を除くと平均10時間30分の勤務で1時間40分の残業。高校教員は1日平均10時間2分の勤務で1時間44分の残業だった。
 小中教員はいずれも、夏季休業期間も8時間以上勤務しており、残業が生じていた。また、勤務時間が最も長かったのは小中高のすべてで教頭・副校長で、一般教員より1時間前後長かった。
 教員は一般公務員と同様の時間管理が難しいとして、月額給与の4%が一律の「教職調整額」として支給されている。働きぶりに応じて支給額に差をつけるべきだという意見も強く、文科省は現在、どのような支給形式が可能か検討している。
 【コメント】給与面で見直し論議が持ち上がっている教員。検討中の給与査定方法見直しが、今回報道された勤務時間に関する調査結果により更なる見直しとなる可能性もあろう。だが、実態調査があまりにも行われていないという状況が、そもそも問題。

|

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 >保険料・地方公務員健保の本人負担(20070523) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・新人材バンクの対象者、毎年2000人(20070523) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15182216

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・先生、毎日約2時間の残業(20070523):

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 >保険料・地方公務員健保の本人負担(20070523) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・新人材バンクの対象者、毎年2000人(20070523) »