« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 不当労働行為・マッスルミュージカル「賃金引き下げ違法」と申立(20070528) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 最低賃金制度・連合、最低賃金の引き上げ要請(20070528) »

2007.05.29

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・女医の過労自殺、病院に対し、賠償責任認める初判決(20070528)

女医の過労自殺、四国の病院に対し賠償責任認める初判決 2007/ 5/28 YOMIURI ONLINE

 麻酔科の女性医師(当時28歳)が勤務中に自殺したのは「過重労働が原因」として、医師の両親が十全総合病院(愛媛県新居浜市)を経営する財団法人を相手取り、約1億9000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が28日、大阪地裁であった。
 大島真一裁判長は「安全配慮を怠った」と自殺と業務の因果関係を認め、約7600万円の支払いを財団法人に命じた。
 原告代理人によると、勤務医の過労自殺で、病院側に対する賠償責任が認められたのは全国初という。
 判決によると、医師は2002年1月から麻酔科に勤務。03年2月には診察中に持病のてんかんが原因のけいれん発作で意識を失い、約1か月の治療後に職場復帰した。
 その後、女性はうつ病になり、同11月ごろには症状が悪化。病院側が他病院への異動を打診したが、04年1月5日、辞職届と「探さないで」などと書いたメモを残して、行方不明になった。
 同日中に戻り、翌日から勤務を始めたが、同月13日、病院内で自殺した。自殺前4か月間の時間外労働は月100時間を超えていた。
 大島裁判長は「女性が失踪(しっそう)し、自殺の危険性が強まった後も、当直勤務などの業務をさせたのは違法」とした。
 財団法人・積善会の代理人の話「判決は納得できない。検討して、控訴するか決めたい」
 【関連記事】「女性研修医の過労自殺、労基署が労災認定…日大付属病院 2007/ 4/17 YOMIURI ONLINE
 【コメント】先月も女性研修医の過労からの自殺が労災認定されるなど、大きな問題となりつつある医師の過労状況。ついに損害賠償が認められた事例が出るようになった。対策に追われている政府ではあるが、医師を従事させる病院も決して他人事の問題ではなくなってきた。医師の勤務状況に関し、早急な管理及び問題の是正を迫られることは確かであろう。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 不当労働行為・マッスルミュージカル「賃金引き下げ違法」と申立(20070528) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 最低賃金制度・連合、最低賃金の引き上げ要請(20070528) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15240780

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・女医の過労自殺、病院に対し、賠償責任認める初判決(20070528):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 不当労働行為・マッスルミュージカル「賃金引き下げ違法」と申立(20070528) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 最低賃金制度・連合、最低賃金の引き上げ要請(20070528) »