« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 個別労働紛争解決制度・2006年度相談件数(20070525) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・厚労相不信任案提出も(20070526) »

2007.05.27

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年者雇用問題・就職難で博士離れか、博士課程の定員初めて減少(20070526)

就職難で「博士離れ」か 博士課程の定員、初めて減少 2007/ 5/26 asahi.com

 国立大学の博士課程の入学定員が今年度、初めて減った。政府は「科学技術創造立国」を掲げて博士の数を増やしてきたが、就職難から学生の「博士離れ」が始まり、一部の大学が定員の削減に踏み切ったためだ。関係者からは「現状を放置すれば優秀な人材が集まらなくなり、日本の国際競争力が低下しかねない」と心配する声も出ている。
 文部科学省によると、国立大大学院博士課程の07年度の定員は1万4282人で前年度より118人の減。定員を減らしたのは秋田大(26人)、九州大(20人)、神戸大と千葉大(各18人)など。減少は56年以来だが、このときは戦後の学制改革の影響だったため、実質的には初めてという。
 政府は91年度から大学院生の倍増計画を進めてきた。国立大博士課程の定員は91年度の7589人から右肩上がりで増え続け、ほぼ倍増。一方で、博士の受け皿となる大学や公的研究機関の研究職の数は増えず、06年3月に博士課程を修了した人の就職率(企業なども含む)は6割程度にとどまった。
 学生の「博士離れ」は既に始まっており、大学院博士課程への入学者数は03年度をピークに減少に転じている。とくに理工系では、優秀な人材が修士課程までで企業などに就職する傾向が強まっているという。
 文科省で科学技術・学術政策局長を務めた有本建男・科学技術振興機構社会技術研究開発センター長は「このままでは優秀な人材が博士課程に入ってこなくなり、国際競争力も下がってしまう。博士の就職難対策に政府と大学、企業がともに本気で取り組む必要がある」と話している。
 【関連記事】「就職難の博士たちへ、国立8大学が企業との交流サイト 2006/11/ 5 YOMIURI ONLINE」 / 「大学院生の就業体験、好評で予定枠倍増し20件採用 2005/ 8/ 4 YOMIURI ONLINE
 【コメント】数年前より就職難に悩む大学院卒の学生達。その学生の姿を見て、大学院への進学を取りやめた学生も増えてきた。憂う国際競争力の低下を引き起こしそうな要因がこんなところにもあるようだ。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 個別労働紛争解決制度・2006年度相談件数(20070525) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・厚労相不信任案提出も(20070526) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15219519

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年者雇用問題・就職難で博士離れか、博士課程の定員初めて減少(20070526):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 個別労働紛争解決制度・2006年度相談件数(20070525) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・厚労相不信任案提出も(20070526) »