« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・厚労相不信任案提出も(20070526) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・国立病院医師の「バイト収入」、3ヶ月で933万円(20070526) »

2007.05.27

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・女性医師の就労支援(20070526)

女性医師の就労支援、病院内に保育所も…不足解消へ緊急案 2007/ 5/26 YOMIURI ONLINE

 地方で深刻になっている医師不足解消を目指す「医師確保対策に関する政府・与党協議会」の緊急対策案が25日、明らかになった。
 対策案は、〈1〉出産・育児などで離職する割合が高い女性医師が働きやすい職場環境を整備する〈2〉現役を退いた医師などを中心とした「医師バンク」を作って医師がいない地域に派遣する――などが柱だ。
 政府・与党は「経済財政運営と構造改革に関する基本方針」(骨太の方針)や参院選公約に盛り込む考えだ。
 対策案では、六つの緊急措置を掲げている。女性医師の就労支援策では、病院内に保育所を設けるなど勤務環境を整える病院に対し、支援する方針を打ち出している。
 子育てを終えて復職を望む女性医師らを対象にした研修制度の充実にも取り組む。背景には、医師国家試験の合格者に占める女性の割合は3割を超えているにもかかわらず、出産や育児で離職した後、復職しないケースが多いことがある。
 医師不足地域への対策として、国が都道府県からの要請を受け、医師を臨時に派遣できるようにする「医師バンク」を設ける。登録者としては、高齢の医師、企業内などで活動している医師などを想定している。
 このほか、〈1〉産科医減少を避けるため、医療事故の際、患者に金銭補償を行う補償制度を早期に実現する〈2〉勤務医の過重労働を解消するため、交代勤務制を促進し、医師や看護師、助産師などの業務分担も見直す――などの項目も盛り込んでいる。
 【関連記事】「産婦人科学会、女性医師の育児両立支援 2006/ 7/21 YOMIURI ONLINE」 / 「女医さん復帰、たった1人 2006/ 6/14 YOMIURI ONLINE
 【コメント】医師不足解消の鍵を握る女医の現場復帰。だが、国の復帰政策はうまく行っていない状況。政策建て直しは目的を果たすことができるだろうか。

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・厚労相不信任案提出も(20070526) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・国立病院医師の「バイト収入」、3ヶ月で933万円(20070526) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15219693

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・女性医師の就労支援(20070526):

» 産婦人科と健康 [素敵な産婦人科を探そう!]
産婦人科 [続きを読む]

受信: 2007.05.27 19:42

» 医師国家試験 [医師国家試験]
医師国家試験に合格するために猛勉強している人に合格のコツを紹介します医師国家試験の合格発表を笑顔で見ちゃいましょう! [続きを読む]

受信: 2007.06.04 00:49

» 医師国家試験 禁忌肢(きんきし) [医師国家試験]
医師国家試験とは名実ともに日本で最難関の国家試験です。その医師国家試験は5択のマークシート方式で計500題出題され、必修問題が8割、それ以外が大体7割正解で合格となります。ところが医師国家試験はそれだけではありません。医師国家試験には別の意味で有名な禁忌肢(きんきし)という選択肢が必修の問題中にあり、その禁忌肢の選択肢を間違って2問以上選択してしまうと、たとえ8割以上の正解でも自動的に不合格になってしまうのです。おそるべし禁�... [続きを読む]

受信: 2007.06.04 20:05

» 医師国家試験 臨床 [医師国家試験]
医師国家試験に合格すれば即医者として働けるわけではありません。医師国家試験に合格した後は2年間の臨床研修を受ける必要があります。ちなみに臨床研修を受けている間の2年間は研修医として給料が支払われます。この臨床研修ですが実はまだ歴史が浅く平成16年にスタートしたばかりの制度です。医師国家試験に合格したばかりの生徒は、自分にあった研修が受けられる病院を全国から選択することが出来ます。この選択�... [続きを読む]

受信: 2007.06.04 20:27

» 医師国家試験とは [医師国家試験]
医師国家試験とは医師国家資格のための試験のことです。医師国家試験は誰でも受験できるというわけではありません。医師国家試験を受験するためには大学の医学部を卒業している、もしくは卒業出来る見込みがある必要があります。医師国家試験は毎年2月中旬に、全国12箇所(北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、熊本県、沖縄県)で3日間にわたって行われます。試験科目は、内科、外科、耳鼻咽喉科、眼科... [続きを読む]

受信: 2007.06.04 20:35

» 国家資格 「医師」 [資格試験・検定の総合資格取得情報館]
資格の中には、業務等に関連して、ある行為を行うことを、国家などの行政(公権力)に... [続きを読む]

受信: 2007.06.18 22:49

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・厚労相不信任案提出も(20070526) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・国立病院医師の「バイト収入」、3ヶ月で933万円(20070526) »