« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・社保庁に調査義務(20070524) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録問題、満額受給へ議員立法(20070524) »

2007.05.24

【社労士:社会統計】社会一般 > 厚生労働白書・「医療費抑制は限界」予防重視へ転換図る(20070524)

「医療費抑制は限界」予防重視へ転換図る 厚労白書案 2007/ 5/24 asahi.com

 07年の「厚生労働白書」の骨子案が23日、明らかになった。「医療構造改革」をテーマに掲げ、少子高齢化の進展に伴い、ベッド数の抑制や患者の自己負担の引き上げなど従来の医療費抑制策は限界に達していると指摘。生活習慣病対策など「予防重視」に政策を転換し、予防から終末期に至るまでの総合的なビジョンを作成し、医療費適正化を目指す。
 白書は今夏までにまとめ、公表する。骨子案では、現状の問題点として(1)地域や診療科ごとの医師の偏在に伴い、急性期医療が弱体化(2)医療に関する情報不足(3)時間外や夜間、休日診療の不足(4)健康状態を総合的に診察する医師の不足――を挙げた。
 医療構造改革の目指す方向として、入院から在宅まで切れ目のない医療の提供や、開業医に時間外診療を求めるなど医療機関の役割分担の推進、個人の健康情報のIT化などが必要としている。
 1人あたりの医療費で1.5~2倍、生活習慣病の受診率で2倍近くに達するなど都道府県間で生じている「医療格差」の要因についても、都道府県をいくつかのグループに分けて本格的に分析。各地域が特性に合った有効な対策を打ち出す必要性があるとした。
 【関連記事】「少子化要因は育児世代の長時間労働…厚生労働白書 2006/ 9/ 8 YOMIURI ONLINE
 【コメント】ここ最近は、少子化問題が主題となっていた厚生労働白書。今年度は医療費を中心とした記述となるようだ。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・社保庁に調査義務(20070524) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録問題、満額受給へ議員立法(20070524) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15182479

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会統計】社会一般 > 厚生労働白書・「医療費抑制は限界」予防重視へ転換図る(20070524):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・社保庁に調査義務(20070524) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・年金記録問題、満額受給へ議員立法(20070524) »