« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保障制度・財源「消費税が重要」(20070523) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・5000万件救済策を検討(20070523) »

2007.05.23

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・地方公務員の方が国家公務員より高給、財務省試算(20070523)

「地方公務員の方が国家公務員より高給」 財務省試算 2007/ 5/23 asahi.com

 地方公務員の給与は国家公務員より高い、とする独自の試算を財務省がまとめた。地方の人件費削減へ攻勢を強める狙い。国・地方とも人件費削減を進める総論で政府は一致しているが、議論が具体化する年末に向け、財務・総務両省の攻防が活発化しそうだ。
 地方と国の公務員給与を巡っては、もともと高かった地方の水準を低下させてきた経緯がある。総務省は、国家公務員と、政令指定都市の公務員との給与水準を比較するラスパイレス指数(昨年4月時点)はほぼ同じで、地方全体では地方が若干低い、としていた。
 財務省は、この総務省の計算が学歴や経験年数の「年功部分」だけを比べていて、国のように役職の高さで反映される「能力給的部分」が加味されていないと批判する。財務省が06年4月時点で国と地方の同等の役職で比較すると、指数は多くの指定市で国より地方が依然高く、算出できる指定市の平均は117.4に上った。一方、総務省は「財務省試算の考え方には問題がある」(幹部)と反発する。
 【関連記事】「公務員給与を比べ直すと地方、国の17%高・財務省新指標 2007/ 4/29 NIKKEI NET」 / 「地方公務員給与、首相が「水準下げ」へ改革を指示 2006/12/15 YOMIURI ONLINE」 / 「地方公務員の給与、民間踏まえ対処を・総務省が通知 2006/10/17 NIKKEI NET
 【コメント】下げられない地方公務員の給与。下げたい総務省だが、その試算について財務省と意見の食い違いが発生した様子。

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保障制度・財源「消費税が重要」(20070523) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・5000万件救済策を検討(20070523) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15179172

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・地方公務員の方が国家公務員より高給、財務省試算(20070523):

» 財務省 [最新ブログをまとめて検索]
... 2006年4月、マイクロソフト社は同社のライセンス契約 ベトナムでは財務省と初めて調印を執り行った。その調印はマイクロソフト社創業者兼会長のビル・ゲイツ氏が東南アジア歴訪中に行われた。 ... ... [続きを読む]

受信: 2007.05.24 01:06

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保障制度・財源「消費税が重要」(20070523) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金過誤払い・5000万件救済策を検討(20070523) »