« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・費用、各自治体が削減計画(20070504) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・政府の有識者会議、妙案浮かばず(20070504) »

2007.05.05

【社労士:社会統計】社会一般 > 少子化問題・子供人口、最低の1738万人、26年連続で減少(20070504)

子どもの人口、最低の1738万人・減少は26年連続  2007/ 5/ 4 NIKKEI NET

 総務省が「こどもの日」にちなんで4日発表した推計人口(今年4月1日時点)によると、15歳未満の子どもの数は前年より14万人少ない1738万人となった。子どもの人口は26年連続の減少で、統計上確認できる1920年以降の最低記録を更新した。総人口に占める割合は前年を0.1ポイント下回る13.6%。こちらも33年連続で低下し、少子化の進展が改めて浮き彫りになった。
 男女別では男子が891万人、女子が847万人。3歳ごとの年齢層別では中学生の12―14歳が362万人と最も多く、最少のゼロ―2歳は323万人。年齢が低くなるほど少なくなっている。
 都道府県ごとの子どもの割合(昨年10月1日時点)は、沖縄が18.4%と最も高く、滋賀(15.3%)、佐賀(14.9%)と続いた。最も低かったのは東京の11.6%で秋田(12.1%)、北海道(12.6%)の順。
 子どもの割合は東京、京都で上昇、神奈川、愛知、大阪では横ばいだった。その他42道県で前年を下回っており、地方での少子化傾向が目立っている。
 【関連記事】「子供人口1747万人・・・25年連続で減少 2006/ 5/ 5 YOMIURI ONLIME」  【コメント】ここ最近、出生率の上昇傾向がみられても、子どもの数は過去最低を記録。増加に転じる日は果たしていつ?

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・費用、各自治体が削減計画(20070504) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・政府の有識者会議、妙案浮かばず(20070504) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/14955564

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会統計】社会一般 > 少子化問題・子供人口、最低の1738万人、26年連続で減少(20070504):

» 漢字検定 [漢字検定]
漢字検定 [続きを読む]

受信: 2007.05.05 11:36

» ケアマネージャーを目指そう! [ケアマネージャーを目指そう!]
ケアマネージャー試験に挑戦して、ケアマネージャーを目指しましょう! [続きを読む]

受信: 2007.05.05 16:17

» 自動車保険サイト [自動車保険サイト]
記事参考になりました。ありがとうございました。 [続きを読む]

受信: 2007.05.06 21:46

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 介護保険法・費用、各自治体が削減計画(20070504) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・政府の有識者会議、妙案浮かばず(20070504) »