« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・喫煙率、男性初めて4割切る(20070516) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療費抑制・財務省が医療費の「高コスト事例」を例示(20070517) »

2007.05.17

【社労士:労働関連情報】労働者災害補償保険法 > 労災認定・うつ病などで労災認定、1.6倍と急増(20070516)

うつ病などで労災認定、1.6倍と急増 過労自殺も最多 2007/ 5/16 asahi.com

 仕事上のストレスによるうつ病などで精神障害になり、06年度に労災認定を受けた人が、前年度の1.6倍の205人に急増し、過去最多になったことが16日、厚生労働省のまとめで分かった。そのうち「過労自殺」は同1.6倍の66人(うち1人は未遂)で、やはり過去最多。脳・心臓疾患による労災の認定件数も過去最多だった。厚労省は、長時間労働や成果主義の浸透などが主な原因とみており、景気回復の足元で労働者の健康がむしばまれている実態が浮き彫りになった。
 精神障害で労災が認められた人は、うつ病関連が106人、神経症やストレス関連障害などが99人。職種別ではシステムエンジニアや医療従事者などの専門技術職が60人で最も多い。年齢別では、働き盛りで負担の集中しやすい30歳代が前年度の39人から2倍以上の83人に急増、全体の4割を占める突出ぶりだ。
 請求件数も増加し続け、前年度より24.8%多い819件だった。
 過労による脳出血や心筋梗塞(こうそく)などで労災認定された人は2年連続で増加し、前年度に比べ7.6%増の355人だった。過労死は10人減の147人。請求件数は最多で同7.9%増の938件だった。
 認定された人の内訳はくも膜下出血など脳の疾患が225人、狭心症などの心臓の疾患が130人。全体の9割にあたる323人が「長期間の過重業務」を理由に認定された。
 【関連記事】「「働き過ぎ」で脳・心臓疾患、最多の330人を労災認定 2006/ 5/31 NIKKEI NET」 / 「精神障害の労災認定、最多の130人に・昨年度、厚労省集計 2005/ 6/17 NIKKEI NET
 【コメント】2004年度の精神障害による労災認定者は130人、2005年度は127人と高止まり状況が続いていたが、今回発表された労災認定者数は急増。労働安全衛生法の改正による残業時間100時間超の医師面接制度もまったく効果を成していない状況だ。

|

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・喫煙率、男性初めて4割切る(20070516) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療費抑制・財務省が医療費の「高コスト事例」を例示(20070517) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/15100141

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働者災害補償保険法 > 労災認定・うつ病などで労災認定、1.6倍と急増(20070516):

» 病院変更そして・・・ [NAKAの快適!!うつ病生活]
うつ病になってしまった私のその後 [続きを読む]

受信: 2007.05.17 11:11

» うつ病の症状と診断チェック 鬱病の治療 [うつ病の症状と診断チェック 鬱病の治療]
まず感情面では憂鬱感が主な症状です。「憂鬱」「落ち込んでいる」といった感情が、午前中にひどく午後から夕方には回復してくるといった「日内変動」という特徴があります。 [続きを読む]

受信: 2007.05.27 11:54

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・喫煙率、男性初めて4割切る(20070516) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療費抑制・財務省が医療費の「高コスト事例」を例示(20070517) »