« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・75歳以上「重複診療の是正を」、社会保障審議会(20070330) | トップページ | 【社労士:労働統計】労働一般 > 毎月勤労統計・2007年 2月の現金給与、3カ月連続で減少(20070330) »

2007.04.01

【社労士:労働統計】労働一般 > 失業率・2007年 2月度(20070330)

2月の完全失業率4.0%、4カ月連続で同水準 2007/ 3/30 NIKKEI NET

 総務省が30日発表した2月の完全失業率(季節調整値)は4.0%で4カ月連続で同水準だった。男性の失業率は改善したが女性は3カ月連続で悪化した。一方、厚生労働省が同日発表した2月の有効求人倍率(同)は前月を0.01ポイント下回る1.05倍。両省とも「雇用情勢の改善は続いている」との見方を維持した。
 完全失業率は15歳以上の働く意思がある「労働力人口」にしめる完全失業者の割合を指す。完全失業者は前年同月比7万人減の270万人と15カ月連続で減少している。企業などに勤める雇用者は58万人増の5468万人。
 男女別の完全失業率は男女とも4.0%で同率。男性は前月比0.1ポイント低下したが女性は0.2ポイント上昇した。年齢別では女性で15―34歳の若年層の完全失業率が悪化、逆に男性の15―34歳は改善した。
 有効求人数は前月比0.5%減、有効求職者は1.0%増で有効求人倍率を押し下げた。新規求人数は前年同月比4.4%減った。正社員の有効求人倍率は0.67倍で前月比横ばい。
 ここ最近完全失業率は4.0%で横ばい。ただ、有効求人倍率は1.05倍と若干の低下。求人数の低下は2月という時季の問題か。

|

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・75歳以上「重複診療の是正を」、社会保障審議会(20070330) | トップページ | 【社労士:労働統計】労働一般 > 毎月勤労統計・2007年 2月の現金給与、3カ月連続で減少(20070330) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/14486411

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】労働一般 > 失業率・2007年 2月度(20070330):

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・75歳以上「重複診療の是正を」、社会保障審議会(20070330) | トップページ | 【社労士:労働統計】労働一般 > 毎月勤労統計・2007年 2月の現金給与、3カ月連続で減少(20070330) »