« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・児童手当法改正案可決、乳幼児手当1万円に(20070328) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・与党が公務員制度改革関連法案の提出を確認(20070328) »

2007.03.29

【社労士:労働関連情報】労働統計 > 賃金問題・賃金構造基本統計調査、正社員と非正社員の月給格差横ばい(20070328)

正社員-非正社員=12万7800円…月給格差横ばい 2007/ 3/28 YOMIURI ONLINE

 派遣や契約社員などの非正社員の平均月給は、正社員の6割にとどまり、賃金差が12万7800円だったことが28日、厚生労働省の2006年賃金構造基本統計調査で分かった。
 05年調査では、賃金差は12万7100円でほぼ横ばい。戦後最長の好景気が続いているにもかかわらず、正社員と非正社員の賃金格差は改善されていなかった。
 昨年6月分の賃金について、従業員10人以上の約6万2000事業所を対象に調べたもので、約4万6000事業所から有効回答があった。
 正社員の月給は、平均31万8800円(平均40・6歳、勤続13・0年)で、非正社員は19万1000円(同43・2歳、同5・8年)。
 正社員の賃金を100とすると、非正社員の男性は05年と変わらず64。女性は70から69へと、格差がわずかに広がった。
 先月9日に賃金構造基本統計調査の都道府県別速報が発表され、多くの都道府県で賃金水準の底上げが見られている。だが、所定内給与の最も高い東京都の37万5000円と最も低い青森県の22万1700円の差、15万3300円は、2005年調査の14万7300円よりも広がっている。一方、昨年の賃金構造基本統計調査で発表された正社員と非正社員の平均月給の差は、この地域格差と比較して、広がったという状況ではない。これは、人材確保を積極的に進める各企業が、非正社員が多く存在するとして挙げられる20-24歳の若年労働者の所定内給与引き上げを行ったこと(男性:前年比2.2%増、女性:0.8%増)が、一つの理由と言えるだろう。なお、正社員・非正社員を合わせた所定内給与は30万1800円と前年比0.1%減(前年は30万2000円)。これは報道にある通り、非正社員の所定内給与が若干下がったことが原因。

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・児童手当法改正案可決、乳幼児手当1万円に(20070328) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・与党が公務員制度改革関連法案の提出を確認(20070328) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/14445110

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働統計 > 賃金問題・賃金構造基本統計調査、正社員と非正社員の月給格差横ばい(20070328):

» 江沢瞳 [ピザ屋さん]
これって見えちゃってる?大丈夫だよね? [続きを読む]

受信: 2007.03.29 10:27

» 青森県在住のスピリチュアルカウンセラー [恐山 木村藤子]
木村藤子さんは、霊能者の中でもピカイチだとその実力は美輪明宏さんも絶賛しています。北は青森に木村藤子、東京に江原啓之、南は沖縄に山田しょういち。 不要な際は削除して下さい。 [続きを読む]

受信: 2007.03.29 16:43

» 主婦・OL・社長・学生・サラリーマンの皆様 5分間だけ 時間を下さい! [始めたその日に 高収入GET!! 自信があります!]
稼ぎたいけれど、この情報で本当に稼げるのか不安だという あなたの気持ちは、よく分かります。 しかし、情報に自信がなければ、返金保障などしません! このノウハウは本物です! 他の販売者の方には申し訳ありませんが これは今までで最高のノウハウだと思っています。 ... [続きを読む]

受信: 2007.04.03 09:29

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・児童手当法改正案可決、乳幼児手当1万円に(20070328) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・与党が公務員制度改革関連法案の提出を確認(20070328) »