« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・「新人材バンク」、移行は「設置後3年以内」、首相が諮問会議で明示(20070327) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・療養病床転換促す、厚労省が支援拡充(20070328) »

2007.03.28

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・小児科医自殺訴訟、厚労省控訴断念(20070328)

小児科医の過労自殺訴訟、厚労省が控訴断念 労災認定へ 2007/ 3/28 asahi.com

 東京都内の民間病院に勤めていた小児科医、中原利郎さん(当時44)の自殺の労災認定を巡る訴訟で厚生労働省は27日、労災を認めなかった新宿労働基準監督署長の決定を取り消した東京地裁判決を受け入れ、控訴を断念する方針を固めた。宿直勤務が月8回に及ぶなど、判決が認めた過重労働による心的負担の大きさを覆すのは難しいと判断した。
 判決によると、中原医師が勤めていた立正佼成会付属佼成病院の小児科では医師の転職や退職が相次ぎ、中原医師の99年3月の勤務は宿直8回、休日出勤6回、24時間以上の連続勤務が7回で、休日は2日。宿直勤務も「疲労を回復し得る程度の睡眠を確保することは困難」として、「業務は精神疾患を発症させ得る程度の危険性を内在していた」と結論づけた。
 先日、東京地裁が過労による自殺と判断を下した、この訴訟。厚労省は控訴を断念したようだ。労基署の判断は「個人の脆弱性」を起因とする自殺。過労を原因とするには残業時間が短いとのことだが、職種に応じたストレスの度合いも鑑みなければ正確な判断はできないであろう。医者の勤務状況の改善が、これらの裁判を機に少しでも進むことを望みたいが。。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・「新人材バンク」、移行は「設置後3年以内」、首相が諮問会議で明示(20070327) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・療養病床転換促す、厚労省が支援拡充(20070328) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/14434496

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 労働問題・小児科医自殺訴訟、厚労省控訴断念(20070328):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 公務員制度・「新人材バンク」、移行は「設置後3年以内」、首相が諮問会議で明示(20070327) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・療養病床転換促す、厚労省が支援拡充(20070328) »