« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 保険料・地方公務員の健康保険料、公費で割増負担200億円(20070201) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・「明細付き領収書」発行は55%(20070201) »

2007.02.01

【社労士:労働統計】労働一般 > 雇用問題・非正規雇用者、5年で15%増、772万人(20070201)

非正規雇用者、5年で15%増・05年10月で772万人 2007/ 2/ 1 NIKKEI NET

 総務省が31日発表した国勢調査の労働力集計によると、パートやアルバイトなど雇用契約期間が1年以内の非正規雇用者は2005年10月時点で772万人で、00年の前回調査と比べ14.8%増えた。正社員や長期契約の派遣社員などの常用雇用者は4062万人と3.4%減少した。
 企業が賃金の低い非正規社員の採用を増やしてきた傾向を反映した。ただ、景気回復や団塊世代の大量定年退職を控えて人手不足への懸念を強める企業はここへきて正社員採用の拡大にも動き始めている。
 非正規雇用者が急激に増加しているということは、それだけ雇用情勢が大きく変貌しているということ。ここに来て、人手不足感から正規社員の採用が増加しているのは事実だが、首相が方針で掲げるように、非正規社員に対する諸制度の改革を行うことは必要不可欠であろう。何かと指摘される格差社会に関しても、非正規社員が大量に出てきたことに伴う賃金格差が原因であり、その格差解消策が急がれる。

|

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 保険料・地方公務員の健康保険料、公費で割増負担200億円(20070201) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・「明細付き領収書」発行は55%(20070201) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/13739470

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】労働一般 > 雇用問題・非正規雇用者、5年で15%増、772万人(20070201):

« 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 保険料・地方公務員の健康保険料、公費で割増負担200億円(20070201) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 医療制度改革・「明細付き領収書」発行は55%(20070201) »