« 【社労士:社会統計】社会一般 > 少子化対策・2006年11月の出生数、7.3%増(20070122) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 賃金動向・生涯賃金格差「日本が最小」、内閣府が日米欧7ヵ国調査(20070123) »

2007.01.23

【社労士:労働関連情報】労働一般 > パート労働法・労政審、パートタイム労働法改正案の答申まとめる(20070122)

労政審、パートタイム労働法改正案の答申まとめる 2007/ 1/22 NIKKEI NET

 労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)は22日、パートタイム労働法の改正案を了承し柳沢伯夫厚労相に答申した。職務や雇用期間などが正社員と同じ「正社員並みパート」に対し賃金などで正社員との待遇差別を禁止するなど、企業にパートの処遇改善の責任を課す内容。厚生労働省は答申を基に法律案を作り通常国会へ提出する。
 同審議会は同日、労使の保険料率の引き下げを盛り込んだ雇用保険法や、雇用対策法と地域雇用開発促進法の改正案も了承、答申した。
 先週、労働政策審議会雇用均等分科会に諮問されていたパートタイム労働法の改正案要綱であるが、答申が出た模様だ。これで通常国会への提出は確実となった。後は気にかかるのが、ホワイトカラー・エグゼンプションに関する法案提出見送りに伴う経団連の動き一度は容認したものの、反対に転ずる可能性もあり、法案提出に思わぬ影響を及ぼすかもしれぬ。厚労省としても気がかりなのは確かであろう。

|

« 【社労士:社会統計】社会一般 > 少子化対策・2006年11月の出生数、7.3%増(20070122) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 賃金動向・生涯賃金格差「日本が最小」、内閣府が日米欧7ヵ国調査(20070123) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/13625790

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > パート労働法・労政審、パートタイム労働法改正案の答申まとめる(20070122):

» がくぶんの資格情報サイト [がくぶんの資格情報サイト]
がくぶん総合教育センター、がくぶんの資格講座・通信教育の資格情報サイト [続きを読む]

受信: 2007.01.23 16:20

« 【社労士:社会統計】社会一般 > 少子化対策・2006年11月の出生数、7.3%増(20070122) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 賃金動向・生涯賃金格差「日本が最小」、内閣府が日米欧7ヵ国調査(20070123) »