« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・再チャレンジ支援税制、ニートとフリーターを除外(20061204) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】雇用保険法 > 雇用問題・市場化テスト、ハローワーク見送り(20061205) »

2006.12.05

【社労士:労働統計】労働一般 > 毎月勤労統計・2006年10月度現金給与総額、横ばい(20061204)

10月の現金給与総額は横ばい・毎月勤労統計 2006/12/ 4 NIKKEI NET

 厚生労働省が4日発表した10月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の事業所)によると、すべての給与を合わせた現金給与総額は27万7990円で前年同月と横ばいだった。うち基本給を指す所定内給与も25万4017円と横ばい。残業代を示す所定外給与は前年同月比1.1%増の1万9750円だった。
 常用労働者数は1.3%増の4380万5000人。うち一般労働者は1.7%増、パートタイム労働者は0.2%増だった。
 景気動向を反映しやすいとされる製造業の残業時間は3.1%増の16.8時間だった。
 今年9月の毎月勤労統計では、27万6535円と前月比で比較してもほぼ横ばい。所定外賃金が若干上昇しているように思われるが、横ばいと言ってもよいレベル。そろそろ給与に関しては天井に到達したと考えてもよい段階と言えそう。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・再チャレンジ支援税制、ニートとフリーターを除外(20061204) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】雇用保険法 > 雇用問題・市場化テスト、ハローワーク見送り(20061205) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/12939609

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】労働一般 > 毎月勤労統計・2006年10月度現金給与総額、横ばい(20061204):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・再チャレンジ支援税制、ニートとフリーターを除外(20061204) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】雇用保険法 > 雇用問題・市場化テスト、ハローワーク見送り(20061205) »