« 【社労士:労働関連情報】労災法 > 労災事故・社保庁から情報提供、労災届けず健保で受診(20061106) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 保険料・7人分5200万円、余分に徴収(20061107) »

2006.11.07

【FP:金融資産運用設計】投資 > REIT・REITの不動産取得額が半減(20061106)

REITの不動産取得額が半減・4-9月、物件価格上昇で 2006/11/ 6 NIKKEI NET

 不動産投資信託(REIT)が購入する新規物件が大幅に減っている。4―9月の取得額(契約時ベース、新規上場分を除く)は2426億円と前年同期を49%下回った。優良な不動産を巡るファンド間の獲得競争で物件価格が上昇、運用利回りの維持が難しくなっている。証券取引所で日々売買される価格の低迷で公募増資がしにくかったことも響いた。
 REITは2001年9月に取引が始まって以降上場が相次ぎ、現在は39銘柄。資産規模も年々拡大している。ただ上場後1年以上が経過した16銘柄で4―9月の取得額を比べると、日本ビルファンド投資法人など11銘柄が前年同期実績を割り込んだ。
 一時期にぎわいを見せたREIT。そのREITが購入する物件が大幅減となってきているようだ。魅力的な新規物件が出回らなくなったことも理由の一つとして挙げられそうだが、なんと言っても資金の調達が困難な状況にあることが大きな理由である様子。

|

« 【社労士:労働関連情報】労災法 > 労災事故・社保庁から情報提供、労災届けず健保で受診(20061106) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 保険料・7人分5200万円、余分に徴収(20061107) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/12587722

この記事へのトラックバック一覧です: 【FP:金融資産運用設計】投資 > REIT・REITの不動産取得額が半減(20061106):

» 老後の不安と闘う40代からの資産運用 [大人の投資(ウッドラック)]
まずは不動産投資の最大のメリット、長期にわたる安定した現金収入の恩恵を味わってみませんか?数10万円からの不動産投資。その名はJ−REIT!今、先行予約販売でJ−REIT完全マニュアルを特別価格で提供中。 [続きを読む]

受信: 2006.11.16 10:02

» 不動産投資ファンドでの商品の違いとは [不動産投資に信託やファンドを利用して日記やセミナーを参考にを不動産投資物件を探そう]
ファンドで運用している不動産の種類によって、商品の性格に違いが大きくでてくること... [続きを読む]

受信: 2007.07.04 14:39

« 【社労士:労働関連情報】労災法 > 労災事故・社保庁から情報提供、労災届けず健保で受診(20061106) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 保険料・7人分5200万円、余分に徴収(20061107) »