« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 失業率・東海地域が9年ぶり3%を割る(20061031) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 障害者自立支援法・1割負担でスペシャル五輪出場断念(20061031) »

2006.10.31

【社労士:労働統計】労働一般 > 毎月勤労統計・2006年9月度現金給与総額、前年同月比横ばい(20061031)

9月の現金給与総額は横ばい 2006/10/31 NIKKEI NET

 厚生労働省が31日発表した9月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の事業所)で、すべての給与を合わせた現金給与総額は27万6535円で前年同月比横ばいだった。うち所定内給与は0.2%減の25万3017円。残業代を示す所定外給与は3.0%増の1万9218円だった。
 景気動向を反映しやすいとされる製造業の残業時間は5.0%増の16.6時間。
 同時に2006年度の夏季賞与(確報)も発表、前年比1.3%増の41万6054円となり2年連続で増加した。
 前年同月比でみれば横ばいであっても、今年8月の現金給与総額(28万4652円)と比較すれば、労働日数が少ないとはいえ、減少しているのは確か。給与の上昇傾向に陰りが見えつつある状況で、好調と言われている雇用情勢もおかしくなる可能性が高いことは否めない。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 失業率・東海地域が9年ぶり3%を割る(20061031) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 障害者自立支援法・1割負担でスペシャル五輪出場断念(20061031) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/12503069

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】労働一般 > 毎月勤労統計・2006年9月度現金給与総額、前年同月比横ばい(20061031):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 失業率・東海地域が9年ぶり3%を割る(20061031) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 障害者自立支援法・1割負担でスペシャル五輪出場断念(20061031) »