« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年者労働問題・フリーターを正社員に、人材関連各社(20060704) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・厚労相、年金見直しより少子化対策を優先(20060704) »

2006.07.04

【社労士:社会関連情報】社会一般 > 国民健康保険法・保険料未納、保険証取り上げで受診抑制の21人死亡(20060704)

国保滞納で保険証取り上げ、受診抑制の21人死亡 2006/ 7/ 4 asahi.com

 国民健康保険(国保)の保険料の長期滞納を理由に、正規の保険証を市町村に返還させられ、代わりに「被保険者資格証明書」を交付される加入者が急増している。05年度は全国で約32万世帯に上り、00年度の3・3倍だ。滞納対策の一環だが、証明書で受診した場合、医療機関の窓口でいったん医療費を全額自己負担しなければならず、受診を手控えるケースが後を絶たない。朝日新聞社の取材では、00年以降に少なくとも21人が受診抑制の末、死亡していたことが分かった。(以降、記事省略)
 21人の内訳は「資格証明書」が11、「短期証」が7、不明が3。収納率は全国平均で9.91%であるものの、都市部では13.34%と資格証明書や短期証の交付を受ける人が増え続けている。この件で更に問題となりそうなのが、国民年金未納対策としても国民健康保険証の有効期限短縮を行おうとしている点未納対策として行き過ぎた免除処理が行われていたことが発覚しているだけに、適正な処理が行われるかどうかという点で、待ったがかかるのは必至。次々と手持ちのカードを失っていく社会保険庁は、未納対策として今後どのようなカードを切れるのであろうか。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年者労働問題・フリーターを正社員に、人材関連各社(20060704) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・厚労相、年金見直しより少子化対策を優先(20060704) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/10787392

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 国民健康保険法・保険料未納、保険証取り上げで受診抑制の21人死亡(20060704):

» 国保滞納と保険証 [ご批判歓迎]
国保滞納で保険証取り上げ、受診抑制の21人死亡 (朝日新聞) - goo ニュース 国民健康保険の保険料滞納で保険証を取り上げる。 当然でしょう。 厚労省の健康保険課長は「支払能力があるのに滞納している人に 限っている」というが、 支払能力があろうと無かろうと 滞納すれば保険証を取り上げるのは公平の観点から当然と思う。 では支払えない人はどうするか。 それは別の面。すなわち生活保護をもっと手厚くすればいいと思う�... [続きを読む]

受信: 2006.07.04 22:12

» 国民 健康 保険 [保険@保険]
予約してる健康診断のために今朝はトレーニングは休むその分、夜のジムワーク前に道場でWork Out しよう。昨夜はジムワーク前の5時に夕食を韓国激辛ラーメンを食べて寝る前に水だけ、今朝も水だけでジョバとマッサージ機、インナマッスル機だけで体を保護す程度にした。海外...... [続きを読む]

受信: 2007.06.20 10:06

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 若年者労働問題・フリーターを正社員に、人材関連各社(20060704) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化対策・厚労相、年金見直しより少子化対策を優先(20060704) »