« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 少子化対策・男女共同参画基本計画を閣議決定(20051227) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化問題・総人口1億2775万人、国勢調査開始以来初の減少(20051227) »

2005.12.28

【社労士:労働統計】労働一般 > 失業率・2005年11月度(20051227)

11月の完全失業率4.6%、前月比0.1ポイント上昇・転職志向拡大で 2005/12/27 NIKKEI NET

 総務省が27日発表した11月の完全失業率(季節調整値)は4.6%となり前月より0.1ポイント上昇した。条件のよい職を求めて仕事をやめる人が増えたことが響いた。厚生労働省が同日発表した求職者1人あたりの求人の割合を示す有効求人倍率(同)は11月に前月比で0.01ポイント高い0.99倍と13年1カ月ぶりの水準を回復。景気回復を受けて雇用情勢は改善が進んでいる。
 完全失業者数は2万人増の292万人で、31カ月ぶりにプラスに転じた。会社の倒産やリストラなど「勤め先都合」の失業が69万人と7万人減る一方、転職を目指す「自己都合」が14万人増えたことが原因。総務省は「雇用情勢の改善傾向は変わらない」と分析している。
 職探しをする人が増えたことで全体の失業率は上昇。男女別でも男性、女性ともに0.1ポイント上昇し4.6%になった。特に失業者は25―34歳の女性で前年同月比10万人増加したほか、35―44歳の男性も2万人増え、比較的若い層での転職志向が鮮明になった。
 10月の完全失業率は前月より0.3ポイント上昇であったが、11月はそれよりもさらに0.1ポイント上昇。この上昇傾向は、報道中でも指摘されている通り、活発な求職活動が繰り広げられているが故のこと。今しばらく景気の好調さは続く見込みであり、「活況な求職活動」を理由とした高い完全失業率が続くのは確かなようだ。

|

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 少子化対策・男女共同参画基本計画を閣議決定(20051227) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化問題・総人口1億2775万人、国勢調査開始以来初の減少(20051227) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/7871910

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】労働一般 > 失業率・2005年11月度(20051227):

« 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 少子化対策・男女共同参画基本計画を閣議決定(20051227) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子化問題・総人口1億2775万人、国勢調査開始以来初の減少(20051227) »