« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 保険料未納問題・国保の情報活用(20050210) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 混合医療解禁・拡充検討(20050212) »

2005.02.13

【社労士:労働統計】社会一般 > 若年者雇用問題・高卒就職内定率(20050210)

高卒就職内定率73%に改善、4年ぶりの70%台 2005/ 2/10 NIKKEI NET

 今春卒業予定で就職を希望している高校生の就職内定率が昨年12月末時点で73.4%と、前年同期を5.4ポイント上回り、この時期としては4年ぶりに70%台を回復したことが10日、文部科学省の調査で分かった。
 すべての都道府県で前年同期を上回り、改善傾向が鮮明になったが、依然として就職希望者約22万4000人のうち、約6万人は就職先が決まっていない。
 内定率は男子が78.4%で前年同期に比べ5.2ポイント増、女子は67・2%で5.4ポイント増だった。
改善したとは言え、都道府県別で見れば、富山90.4%に対して、沖縄はわずかに39.7%。格差が激しく、いかに就職内定率が政府による政策では無く、各都道府県の景気に左右されているかがよく分かる。高校生就職内定率が真の意味で安定するまでの道のりは、まだまだ遠いようだ。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 保険料未納問題・国保の情報活用(20050210) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 混合医療解禁・拡充検討(20050212) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/2913522

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】社会一般 > 若年者雇用問題・高卒就職内定率(20050210):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 保険料未納問題・国保の情報活用(20050210) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 混合医療解禁・拡充検討(20050212) »