« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子高齢化問題・幼保一元化施設構想(20041205) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 健康保険法・中央社会保険医療協議会 解体的再配置答申(20041206) »

2004.12.06

【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・女性管理職企業あっせん業者(20041205)

女性管理職を企業に紹介 東京の業者が300人養成 2004/12/ 5 asahi.com

女性管理職を紹介します――。そんな人材あっせんサービスを、マーケティング会社「トレンダーズ」(東京都渋谷区)が始めた。経営手法や管理職の心構えなどのトレーニングを受けた約300人の中から、企業側の要望を受けて紹介するシステム。同社は「女性リーダーが増えれば業績向上だけでなく、結婚、出産後も女性が働きやすい環境が整うはず」とアピールしている。
女性管理職のメリットが取りざたされているにもかかわらず、未だ女性管理職の割合は約9%と欧米先進国に比べ低い。どうも管理職への社内育成プロセスで予期せぬ問題が発生し、管理職になる前に会社を去ってしまう人も少なくないようだ。ということで、社内育成が立ちゆかない以上、外部から女性管理職を招聘した方が良いという話から、このような事業が出てきたと考えられる。多様化する消費社会を生き抜くためには女性の力を必要不可欠としている企業がそれだけ増えてきているとことであろう。

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子高齢化問題・幼保一元化施設構想(20041205) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 健康保険法・中央社会保険医療協議会 解体的再配置答申(20041206) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/2171660

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 雇用問題・女性管理職企業あっせん業者(20041205):

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 少子高齢化問題・幼保一元化施設構想(20041205) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 健康保険法・中央社会保険医療協議会 解体的再配置答申(20041206) »