« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金担保融資・罰則規定(20041201) | トップページ | 【社労士:法改正情報】社会一般 > 育児・介護休業法(20041201) »

2004.12.01

【社労士:労働統計】労働一般 > 2004年10月現金給与総額(20041201)

10月の現金給与総額、0.5%減・毎月勤労統計調査 2004/12/ 1 NIKKEI NET

厚生労働省が1日発表した毎月勤労統計調査(速報)によると、従業員5人以上の企業の月間平均の現金給与総額は27万6510円で、前年同月比0.5%減った。2カ月連続の減少。パート社員の拡大が続いており、全体の給与の伸びを抑えた。
現金給与総額は税金や社会保険料などを差し引く前の給与や各種手当、賞与などの合計。基本給に当たる所定内給与は0.6%の減少。所定外給与は2.8%増で27カ月連続で増えた。前年同月より平日が2日少なかったうえ、台風災害などで所定外労働時間(残業)は、27カ月続いた増加から横ばいになったが、所定外給与への影響は小さかった。
また、常用労働者数は0.5%増の4293万9000人で7カ月連続の増加。うち一般労働者は0.1%減り、パート社員は2.8%増えた。
景気の問題ではなく、雇用形態が変わってきていることを示す事象としている人が多いようであるが。9月は27万5373円。所定外給与(残業代)増加と常用労働者数増加は先月と同様の傾向が続いている。

|

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金担保融資・罰則規定(20041201) | トップページ | 【社労士:法改正情報】社会一般 > 育児・介護休業法(20041201) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/2123045

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】労働一般 > 2004年10月現金給与総額(20041201):

« 【社労士:社会関連情報】国年法・厚年法 > 年金担保融資・罰則規定(20041201) | トップページ | 【社労士:法改正情報】社会一般 > 育児・介護休業法(20041201) »