« 【社労士:労働統計】労働一般 > 2004年8月有効求人倍率(20041001) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 政管健保・福祉施設売却(20041003) »

2004.10.03

【社労士:労働統計】労働一般 > 2004年8月完全失業率(20041001)

8月の完全失業率4.8%、0.1ポイント改善 2004/10/ 1 NIKKEI NET

総務省が1日発表した8月の完全失業率(季節調整値)は4.8%と前月比0.1ポイント低下した。7月に0.3ポイント上昇しており、小幅改善。完全失業者数は314万人と前年同月に比べ19万人減り、15カ月連続で減少しており、雇用情勢の改善基調は続いている。ただ、25歳未満の完全失業率は9.6%で依然高水準となった。
8月の男女別の完全失業率は、男性が前月比0.4ポイント低下し4.9%、女性は0.2ポイント上昇して4.6%となり、男女格差が縮まった。
就業者数は6395万人と前年同月比で34万人の大幅増となり、就業者と完全失業者を合わせた労働力人口は6710万人と1年2カ月ぶりに前年を上回った。業種別では医療・福祉、サービス業などが好調だった。
若年者層の完全失業率は依然高止まりの傾向。また非自発的失業111万人(前年同月比23万人減)、自発的失業112万人と自発的失業がついに非自発的失業を上回っている。自発的失業が多くなるのは、転職のためと考えれば、転職しやすいほど経済状況が良くなったと考えられるのかもしれないが、今問題になりつつあるNEET層の増加など、働きたくない者が増えた結果であるのなら問題。統計値だけでは図ることのできない問題も多い。

|

« 【社労士:労働統計】労働一般 > 2004年8月有効求人倍率(20041001) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 政管健保・福祉施設売却(20041003) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/1583046

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:労働統計】労働一般 > 2004年8月完全失業率(20041001):

« 【社労士:労働統計】労働一般 > 2004年8月有効求人倍率(20041001) | トップページ | 【社労士:社会関連情報】健康保険法 > 政管健保・福祉施設売却(20041003) »