« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・人員配置是正(20041005) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 「2007年問題対策」・高齢者や女性の就労支援(20041006) »

2004.10.06

【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保障費試算・増加額抑制(20041006)

2025年の社会保障2割減・負担率50%維持で財務省試算 2004/10/ 6 NIKKEI NET

財務省は6日の財政制度等審議会(財務相の諮問機関)で、将来にわたって財政赤字を含めた潜在的国民負担率を50%に抑えるための試算を提示する。社会保障に限って改革する場合、2025年度の段階で年金や介護など社会保障給付と負担額をそれぞれ2割程度削減する必要があると分析。2割削減には社会保障への国費投入を毎年6000億円ずつ圧縮すべきだとの試算も示した。
予算確保に関する指針。社会保障費の増大に対し、先日ようやく2200億円圧縮し、8600億円の増加まで押さえ込むことを発表しているものの、2200億円の削減をどこから捻出するかが、明確になっていないまま。年1兆円規模で増えていく社会保障費を半分以下に押さえ込む算段は果たしてあるのか?結局は消費税頼みということになっていくのかもしれないが。。

|

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・人員配置是正(20041005) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 「2007年問題対策」・高齢者や女性の就労支援(20041006) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/12096/1606472

この記事へのトラックバック一覧です: 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保障費試算・増加額抑制(20041006):

« 【社労士:社会関連情報】社会一般 > 社会保険庁改革・人員配置是正(20041005) | トップページ | 【社労士:労働関連情報】労働一般 > 「2007年問題対策」・高齢者や女性の就労支援(20041006) »